【中学受験】早生まれの子は、自信をなくしがち…?親が気を付けることは?【低学年】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

「早生まれの子」

を持つ人はいませんか?

産まれた時期に何が関係あるんだ

と、一見思いますが、

現在低学年で、早生まれの子は、
少し気を付けた方が良い事があります。

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

  • 早生まれの子を持つ親が、気を付けるべきこと

について、話します。

早生まれの子は、自信なくすかも…

一つ、早生まれの子に不安があるのは、
自信がない子になってしまうかも

ということです。

生まれ月で、差がつく。

実は、

子どもは小学校入学の時点で、生まれ月によって、
すでに体格面でも頭脳の発達面
でも、大きく差がついています。

1、2、3月の早生まれの子のお母さんは、
そのハンデを引きずってしまわないように、
成育を注意深く見守ることが必要ですね。

例えば…

例えば、

  • 3月生まれの子
  • 4月生まれの子

この二人には、同じ学年に居ながら、
約1年の差がありますよね。

大人になっての1歳差なんて、
ほとんどないですが、

子どもの頃の1歳の差は、
けっこう大きいですよね。

4~6月生まれの子どもは同級生に比べ、
身長が高く、頭もいいので、
コミュニケーション能力が高い傾向があります。

勝ち経験の差です。

つまり、

  • 4~6月生まれの子の方が、早生まれの子より、「勝ち経験」を積みやすい

と言えます。

何かと早生まれの子は、
勝ち経験でなく、負け経験が多いです。

自己肯定感を育むには、不利と言えるでしょう。

追いつくのは、中学年ですが…

早生まれの子と、4~6月生まれの子は、

コミュニケー ション能力、運動や勉強能力の面で
小学3、4年生、中学年頃に追いつきます。

しかし、
低学年のうちに「負け癖」がついていて、
「自分なんてできない」と思い込んでいると、

すでに勉強嫌いになって、中学年に追いついても頑張れない場合が多く、

4、 5、6月生まれの子どもとの差を埋めることは
難しくなります。

それどころか、
「勝ち経験」を積んできた
自信がある4~6月生まれの子どもは
その勢いのまま頑張る可能性が高いので、
差はより開いていくのです。

これは噂レベルの話ですが、
公表はされていないものの、
東大・京大合格者は、4~6月生まれの子が多いそうです。

子どものころから劣等感をもちすぎると、
勉強で秀でようという意欲が失われてし
まいます。

解決策は、軽めの先取り学習。

なので、
中学年に上がるまで、

  • 簡単な読み書き
  • 簡単な数字の計算

を家庭でやっておくのを、おすすめです。

軽めの先取り学習です。

決して勉強という堅苦しいスタイルをとるのではなく、
子どもと会話している中で、
子供が分からない言葉を教えてあげたり、
お買い物の時、簡単な計算を教えてあげたり、

低学年の学校の授業レベルは、難しいレベルではないので、
軽いもので大丈夫です♪

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年3月1日

参考・引用

和田秀樹『勉強が得意な子をつくるお母さんの戦略』2015

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です