【中学受験】低学年の、夏休みの宿題の取り組み方を話します。【読書感想文】【自由研究】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの子、低学年で中学受験を考えているんだけど、
学校の夏休みの宿題とか、どう取り組ませたらいい…??

とお困りの方はいませんか?

 

低学年だと、まだ塾が本格的でないので、
学校の宿題がメインですが、中々どう取り組ませたらいいか分からないという声を聞きます。

 

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 低学年の子の、夏休みの宿題の取り組み方

 

について話します。

 

今回話すのは、最も取り組みにくい、

  • 読書感想文・日記
  • 自由研究

の2つです。

是非ご覧ください。

 

 

読書感想文・日記

 

brown pencil on white book page

 

まずは読書感想文と日記
これと自由研究は、自由度が高く、逆に取り組みにくいです。

 

 

取り組み方を、知りません。

 

これらに、なかなか手を付けられないのは、
そのやり方を知らないからです。

 

そして、やり方を学校で教えてもらえずに
夏休みを迎える場合がよくあります。

 

それだと、何をすればいいのか子供は全く分かりません。

 

なので学校が教えてくれない場合は、
親が教えてあげる必要があります。

 

 

基準はこちら。

 

しかし、
何をどう教えたら分からないという方も多いはず。

 

「ここまでできれば大丈夫」
という基準を、こちらで示しました。

 

 

 【読書感想文の基準】

  • 1年生=本に何が書いてあったか、あらすじを書く
  • 2年生 = 本のあらすじに加え、自分の気持ちを書く
    →(例)「○○になって悲しかったと思いました」
  • 3年生=自分の気持ちだけでなく、主人公の気持ちも書く
    →(例)「○○は友だちに会えてうれしかっただろうなと思いました」

 

【日記の基準】

 

  • 1年生=その日にあったことを書く
  • 2年生=その日にあったことの後に、自分の気持ちを書く
    →(例)「○○して楽しかったです」
  • 3年生 = 自分の気持ちだけでなく、他人(例えば友達など)が思うことを意識しながら書く
    →(例)「○○ちゃんはとても悲しかったのだと思います」

 

 

上記ですね。

 

気持ちを理解する力。

 

中学受験の国語では
「他人の気持ちを理解する力」が必須です。

 

この力は、人生経験が少ない小学生には、
なかなか身につきにくいもの。

 

なので親子の会話の中で、

  • 「こんなことがあったどう思う?」
  • 「嬉しいよね?」

と、人間の心の動きについて意識させることがおすすめです。

 

自由研究

 

green leaf plant sprout

 

自由研究の取り組み方にも、
コツがあります。

 

3つのプロセスがあります。

 

研究には、3つのプロセスがあります。

それは、

  • 仮説
  • 実験
  • 検証

の3つ。

 

とはいえ、まだ子供が小さいと、
仮説を立てることができません。

 

よって、低学年の自由研究では、
ある程度親が子供に情報を教え、一緒になって進める必要があります。

 

 

結果が分かっているものを

 

 

なので、低学年の自由研究は、
ある程度結果が分かっているものがおすすめです。

 

研究内容が何も浮かばないならば、
夏休みの自由研究をテーマにした本などを参考にしてもいいと思います。

 

とはいえ、その内容をただそのままやっていたら、
自由研究ではありませんよね。

 

親が促しましょう。

 

そこで、親が

  • 「これをこうしたら、どうなるかな?」
  • 「これにこれを入れたらどうなる?」

など、子供にある程度促しながら進めるのがおすすめです。

 

こう言われると
「そんなこと私にはできない!」と思われるしかありません。

 

しかし大丈夫。

 

自由研究の題材は、
普段の生活の中にあります。

 

 

例えば料理です。


「お湯に片栗粉を入れたらとろみがついた」
というようなものでも、低学年なら大丈夫。

 

料理、洗濯庭いじりなど、
家庭のお手伝いは自由研究の良い題材になります。

 

また、植物の観察もおすすめ。

観察の研究は、

  • 毎日の成長をコツコツ書く
  • ある姿だけにスポットをあてて書く

の2パターンあります。

 

毎日取り組める子は、前者が向いてますが、
そうでない子は、例えば
「へちまのつるはなんでくるくるなんだろう?」
という風に、一つの状態を詳しく調べる方がおすすめです。

 

一緒に取り組みましょう。

 

また、自由研究は、
親子で一緒に取り組むことが大切です。

 

親が楽しそうに取り組んでいると
子供も取り組みやすいです。

 

自由研究を共に行い
「知らなかったことを知る楽しさ」を感じたら、
それだけで大きな成果です。

 

 

今日は「低学年の夏休みの宿題」について話しました。

是非参考にしてください。

 

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年7月5日

 

参考・引用

2018『中学受験基本のキ!』西村則康・小川大介・越南小町

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です