【中学受験】体調不良の時は、すぐ休みましょう【精神的なプレッシャーにも、注意】

fawn pug covered by Burberry textile between plants

こんにちは。

中学受験をされるお子様は、この季節、
体調を崩してしまうこともよくあります。

そんな時、保護者の皆様は、
どのような対応をとっていますか?

今回は、中学受験と体調不良について、
プロ家庭教師Edenの居村が、話します。

体調不良は休みましょう

fern leaves and white Healthcare tiles

入試が近づくと、風邪もはやる季節になり、体調不良になるケースがあります。

しかし、合格したいあまり、
「体調不良だけど、休まず塾に行ったほうがいいでしょうか?」
という相談が、毎年あります。

基本的には、休むべきです。

長引くのはまずいです。

体調不良を一回でも我慢してしまうと、
長引いてしまうことが多いです。

風邪も初期症状なら、
早めに対応すると、わりかし長引かずにすみます。

しかし、ちょっと無理をすると、風邪をこじらせ、
1週間も学校と塾を欠席、というケースになっては、いけませんよね。

精神的なプレッシャーも、休みましょう。

woman sitting on floor wearing brown dress

もうひとつ心配なのは、精神的なプレッシャーについてです。


「1日でも塾を休んだら…追いつかなくなる…!」
と、精神的なプレッシャーを感じており、
それが体調不良に繋がっているケースです。

そういう時も、一度、塾や学校を休んでも大丈夫です。

一回くらい、大丈夫。

一度くらい、休んでも、大丈夫です。

なぜか?

新しい内容を習うことは、
入試直前期ならありませんし。

その日の授業一回を受けないからといって、
不合格になってしまうのは、非現実的な考えだからです。

頭がぐったりかもしれません。

また、
体は疲れていなくても、
頭がぐったり状態、というのも十分に考えられます。

そういう場合も、1日だけ思い切り休んでみると、
翌日はだるい感じが抜け、元気!

と案外なるものです。

メリハリが大事。

そしてもし、
休むとなったら、
「寝ながらでも教科書は読めるから、眺めておこう」

ということではなく、

「休むなら徹底して休む!」

と、メリハリをつけたほうがいいでしょう。

体験談

昔、ある教え子で、
「この体調不良は、ストレスからではないのか…」
と思うことがありました。


そこで、お母様に相談して、
本人の大好きな、釣りに行かせてみました。

本人は体調が悪かったはずなのに、
その前の日から釣り竿を磨いたりして、元気な様子だったようです。

彼はその日、十分に釣りを楽しみ、
次の日には、完全に復活してました。

やはり、考える以上に、
受験のプレッシャーは体調不良につながっています。

子供の話を聞いてあげましょう。

gold and white Beats headfphones

ではそこで、
受験生の心の休養のために親ができることは何でしょう?

それはずばり、
子供の話を聞いてあげることです。

昔の経験をもとに、話します。


オタクの子の話。

昔在籍していた塾で、生徒面談している時に、

ひとり20分もやると長いほうなのですが、
その生徒は毎回、アニメの話ですべての時間を使い切りました。

「よい面談は聞く側に徹するものだ」
という意見が主流ですので
彼の話に、相槌を打ちながら聞いていたところ、


「どうも私もアニメオタクではないか?」

とカン違いして、


次の面談に来たとき、
アニメ映画のチラシを持参していました。


私はある日、
「いい加減、入試直前なんだし」
と、ちょっと厳しめの話をしようとしたところ、
その生徒は意外にも

「いつも先生、聞いてくれてありがとう。頑張って、合格する」

と言ってくれたのです。

その生徒にとっては、自分の好きなことを話す時間が
ストレス解消になっていたんだなあということを、その時思い知らされました。

子供の話を聞いてあげましょう。

確かに、入試間近になると、今後の心配から、
色々と、口をはさみたくなるものですが、

子供の話は、なるべく聞いてあげるべきでしょう。

好きな事がモチベーションに。

また、好きなことは、モチベーションにつながります。

さっきの子にとっては、
アニメ研究会があるから、私立中に行きたいというのが

強い受験の動機になっていました。

なので、面談時、アニメの話をするというのは、
実はもっともモチベーションアップにつながっていたのではないかと、思います。

子供の話を聞くのも体調管理

一般的に、体調管理というと、
睡眠時間の確保、栄養補給、風邪予防など、
いろいろな観点がありますが、


子どもの話をじっくり聞いてあげる時間を取るというのも、
必要な体調管理の一つではないのかと思います。

結論です。

体調不良の時は、とりあえず休むのが第一。

今日の記事は終わりです。

お知らせです。


参考・引用

渋田隆之『中学受験 合格できる子の習慣 合格できない子の習慣』2013

記事公開日 2019年11月15日
最終更新日 2020年2月26日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です