【中学受験】入試本番、万全な状態は、存在しません。【クソみたいな日に、最高の解答を】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方は、
あと少しで、入試本番、受験生でなくても、緊張することだと思います。

本番まで、あと少し、
最高の準備をして、万全な状態になっておきたいところ。

そこで本記事では、

入試本番までに、万全な状態になる方法。

について、話します。

万全は、ありません。

今日の結論です。
万全な状態になる方法と言っておいて、ずるいような気がしますが(笑)、
正直言って、哀しいかな、

万全は、ありません。
万全というのは、神話であり、概念なのです。

色々経験はあります。

今までの模試などで、

  • 問題形式が変わったから。
  • 今回のテストが難しかったから。
  • 前の試験はできたのに今回は。
  • 過去問では90点取れたのに、模試の本番では70点しか取れなかった。

こういう経験、あると思います。

万全は来ません。

このように、
どんな入試、
受験業界でなくても、どんな「本番」で、

「万全」、というのは、存在しません。

「今日調子いいな!」

くらいの時はあるかもしれませんが、

「万全」つまり、完璧
というのは、どうしてもありません。

いくら準備しても、気持ちや体調が100%の状態にすることは、
不可能です。

今まで模試の前、お試し受験など経験されたと思いますが、
「100%の絶好調」
というのは、存在しなかったと思います。

受験で求められるもの。

難化しようが、
配点が変わろうが、
時間帯が変わろうが、

受験で求められるものとは、

「出題される問題が、試験日に、一定時間内で正解できるか」

これのみです。

ほんとの実力とは?

ほんとの実力とは、
万全な時に、発揮できるものではないです。

どんな状況あっても入試本番の時間内に、
ひねりだしたものが、実力です。

インフルエンザにかかっても、
恋人にフラれても、
2日ねてなくても、

その中で歯をくいしばってあがいてもがいてひねり出した答えが、
実力の全てなのです。

今まで合格率80%でも、本番でE判定の成績を取るのも、
受験生の実力。

逆に、
今まで模試や過去問が全然だめでも、
本番で合格点を超えて行ったら、それが受験生の実力です。

楽観しましょう。

「万全な状態がないんなら、じゃあ本番前、どうすればいいんだよ」

そういう声が聞こえますが、
私が言いたいのは、
「万全が来ないことを受け入れて、楽観しよう」
ということ。

最初から、期待しない。

つまり、最初から、
万全な状態がないことを受け入れていれば、
冷静な状態でいれるということです。

この態度が、めちゃくちゃ大事です!!

特に試験本番は、予期せぬアクシデントがありますよね。

そういうトラブルがあっても、物怖じしない。
だって万全はないから。元から分かっているから。

そういう親の毅然とした態度を見ると、
トラブルが起きても逆に冷静になれるという子供も多いです。

意識的に、楽観しましょう。

とはいえ、
予想外の事が起きたら(大抵、本番前は起きます)
悲観的になるでしょう。

楽観的な態度を維持するには、
強い意志が必要です。

でも、
今から一週間くらい、楽観的でいるのは、
難しいことではないです。大丈夫。

「悲観は気分。楽観は意志」です。

子供に伝えること。

お子様に伝えてほしい事は、

「万全なんて来ないから、

最後まで気を抜く理由もないし、最後まであきらめる必要もない。
きみがやるべきことは、
いい結果が出るように、最善を尽くす事。
今まで頑張ってきたきみの姿を見てきたから、きっと大丈夫。
できること、やるべきことをやるのが、一番かっこいい。」

ということです。

逆に、

クソみたいな日こそ、全力の解答を叩きだす。

このくらいの覚悟があれば、怖いものなしです。

とはいえベストを尽くす。

とはいえ、風邪予防など、
万全に近づけるためのベストは尽くしましょう。

人事を尽くして天命を待つってやつです。

最後に、過去記事に、ベストな準備の方法を載せておきますね。

 

今日の記事は終わりです。

 

お知らせです。


記事公開日・最終更新日 2019年1月31日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です