【中学受験】入試直前でも、意外とやる気が出ない2つの原因を話します。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

入試直前でも、子供が意外とやる気が出ない…!どうしよう…。

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 入試直前でも、子供のやる気が出ない原因。

 

について話します。

その原因は

  1. 諦めるから
  2. 慢心しているから

の二つです。

順番に解説していきます。

是非ご覧ください。

1.諦めるから

 

まずは原因その1
「諦めるから」について。

 

つまり…。

諦めるとはつまり、
今からどうあがいても、不合格だと悟ってしまうことです。

 

具体的にこの境地に達してしまう方は、

  • 範囲が広すぎて、もうどうしようもないと思っている。
  • 受からなくても、別にいいと思っている。

と思っています。

 

解決策はこちら。

諦めに対する、解決策はこちらです。

 

まずやはり、
基本問題のみでも確実に取れるために、
範囲全体を、広く浅くさらっていくことがおすすめです。

また、1時間勉強するだけで、1点上がるし、
1日ちゃんと勉強するだけで、3点は絶対上がります。

また、受からなくてもいいやと思うよりも、
ラッキーでも受かったら何かいいことがあると、そっちの心を持つべきだと思います。

 

2.慢心しているから

 

次に原因その2.
「慢心しているから」について。

 

つまり…。

「慢心しているから」とはつまり、
「もうなんにも勉強しなくても、いける」と思うことです。

 

そういう境地に達してしまうとは、具体的には、

  • 弱点から、目を背けている。
  • 余裕と思っている。

と思っています。

 

解決策はこちら。

慢心に対する解決策はこちらを知ることです。

 

まずはネットの口コミなどを見れば分かるのですが、
たとえ80%の合格率でも、落ちる人は落ちます。
5人に1人は、落ちています。

 

また、慢心している人は、
今までの過去問演習の結果をよくみてみると、
全ての年で合格点を出せていません。

 

また、入試当日に予期せぬアクシデントがあります。
身体を壊すとか、隣にうるさい人がいたりと、色々あります。

 

以上を踏まえれば、慢心が少し薄まり、
またがむしゃらにべんきょうするのではないのでしょうか。

 

 

今回は、直前期のやる気について話しました。

意外にも冬からやる気が下がってしまう生徒は多いので、
是非参考にしてください。

 

 

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年11月24日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です