【中学受験】親はついつい勉強嫌いな子に育てがち。どうすればいい?【低学年】

 

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

 

子供を勉強嫌いではなく、勉強好きに育てたい…!

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 親はついつい勉強嫌いな子に育てがち。それを防ぐにはどうすればいいか。

 

について話します。

 

是非ご覧ください。

 

子供は勉強嫌いになりがち。

 

親はおそらくほぼ全員、
子供に「勉強好きに育って、ぐんぐん伸びて欲しい」と、思っていますね。

しかしほとんどの場合、
子供は「勉強嫌い」に育ってしまいます。

 

知ることは好きですが…。

実は子供は元々、新しいことを知るのは、好きなんです。

 

とはいえ、それが勉強だというと、
ほとんどの子どもが、「勉強嫌い」の反応を示してしまいます。

 

親が勉強しろというため、50%の子どもは、
「親が言うから」机に向かいます。

 

そしてあと50%の子どもは、
親がいくら強制しようと、勉強しなくなってきます。

 

こういう事態がリアルなのではないかと感じています。

 

 

勉強ずっとさせがちです。

勉強が特に嫌いな子供を教えていますと、
そういう子は、小さい頃から親が隣で見張って、教えています。

 

また、塾にも多く通ったり、本も半強制的に読ませ、
遊ぶ友だちも指定されたりと、

とにかく「規制」が多いご家庭が多いです。

 

 

徐々にはっきり出てきます。

親にとっては、将来の子どもを本気で思ってのことですが、
子供からすると、それは嬉しくありません。

ホントは普通に好きな友だちと好きなことして遊びたいのです。

 

一見、真面目な子、特に女の子は、親の言う通りにしますが、
本音だと、やらされている感しかありません。

 

それが、小4になって勉強が本格的に始まると、
勉強嫌いが徐々に全面的に出てくるのです。

 

ある日急に反抗期に入って、
塾をやめると言い出すケースもよくあります。

 

押し付けるのはNG。

 

なので、子供の将来の勉強を心配していても、
まだ塾に入らないくらいの子どもには、色々を押し付けないことがおすすめです。

 

 

心を育てましょう。

「子供の勉強のため」と思ったとしても、
それは一旦、行動に移さず、我慢して、

子供の「心」を育てることがおすすめです。

それは、普段の生活から得られる新鮮な体験や遊びや、楽しみのことです。

 

子育てをするときは、「勉強のため」という思いを一旦押し込んで、
純粋に子供の楽しんでいる姿を見て、一緒に楽しむことがいいのです。

 

 

勉強嫌いを防ぐために。

勉強嫌いの子は、

 

  • テストの点を見せたくない。
  • 家にいるより友だちと一緒にいたい。
  • 宿題を親に見せたくない。

 

などなど、
勉強だけでなく、親や家庭までも嫌っているパターンが多いのです。

 

やっぱり、親自身が教育の指針を省みる必要があります。

そうすれば、きっと子供の将来の態度も変わってきます。

 

今日は、低学年の内に身につけるべき感覚について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年1月18日

 

参考・引用

西村則康『中学受験やってはいけない小3までの親の習慣』2015

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です