【中学受験】低学年の子は、「感覚」を身につけておきましょう。【入塾前】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

 

塾に入る前、低学年の内に何かやっておきたい。

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 低学年の子が身につけるべき「感覚」

について話します。

是非ご覧ください。

 

感覚を身につけましょう。

person about to touch the calm water

 

もちろん、中学受験で戦っていくためには、
基本的な学力は大事ですが、

 

それと同じくらいに、
「感覚」を身につけておくべきです。

 

体の感覚です。

 

それはつまり体の感覚です。

 

  • 奇数にピザを切り分けるのは難しい。
  • 走れば目的地に早く到着できる。
  • 水の中だと動きにくい。

などなど、当たり前の体の感覚を身につけるのは、
実はかなり大事です。

 

しかも、意外にも、
その感覚がない人は多いのです。

 

そしてあるのとないのとでは、
学習速度が全然違ってきます。

 

何をすれば身につく?

 

では、その感覚はどうすれば身につければいいのでしょうか?

 

それはやはり、お手伝いをすることが手っ取り早いです。

 

  • 朝のゴミ捨て。
  • 部屋の掃除。
  • お皿洗い。
  • 風呂洗い。

などなど。

 

そういう日常の当たり前のことを意外と子供は経験していません。

 

そういうことを経験していくと、

「いちいちお皿に洗剤をかけて拭いて洗うのは、効率が悪いから、
まずは全ての食器を磨いてから、一気に水で流す方が効率が良い」

 

と、感覚が育ってきます。

 

学びの機会です。

 

お手伝いを子供にさせないという方は多いです。

それは自分がやった方が速いからです。

 

とはいえ、それは子供の大事な学びの機会になっているので、
少しずつやらせてあげるのがおすすめです。

 

趣味も遊びもありです。

折り紙, クレーン, 鉛筆-紙, ガム, 紙, 折り畳み式, グレー, ミキサー, 画像合成, 壁紙, Cad

 

また、子供の感覚をみにつけるためには、
趣味や遊びを活用するのもありです。

 

子供と一緒に。

 

よく、時間がないからと、趣味をやめてしまうような
お父さん、お母さん方は多いのですが、

 

  • お菓子作り。
  • ダンス。
  • 日曜大工。

などなど、
親の趣味を子供と経験するのも、ありだと思います。

 

決して趣味をやめるのではなく、
子育ての一貫として捉えるのもアリだと思います。

 

遊びもしましょう。

 

また、子供の遊びを親と経験するのもおすすめです。

  • 折り紙。
  • あやとり。
  • 砂でお城づくり。

などなど、見てみると、

どうすれば効率的に折れるのか、水をここにかけると城が崩れるなど、
様々な手順やコツを子供が学ぶ様子が見えてきます。

 

順序だてて考えましょう。

 

やはり、小さい子供は、
順序だてて思考することがまだ苦手です。

 

色々な経験をしたり、分からないことを自分で調べたりすると、
そういう思考が身についてきます。

 

今日は、低学年の内に身につけるべき感覚について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年1月17日

 

参考・引用

東京 プレジデント社『中学受験大百科 2019完全保存版』(2019)

Follow me!

【中学受験】低学年の子は、「感覚」を身につけておきましょう。【入塾前】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です