【中学受験】低学年の子が、集団塾に入る前にするべきこと、3つを話します。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

4年生になったら子供を集団塾に通わせようと思っているけど、
その前になにかするべきことはあるの…?

そんな疑問を持たれている方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 低学年の子が、集団塾に入る前にするべきこと、3つ

 

を話します。

是非ご覧ください。

 

3つのするべきこと。

 

塾に入る前に、低学年の内からやるべきことは

 

  1. 家庭学習の習慣化
  2. 基礎的な国語と算数の能力育成
  3. 人の話を、ちゃんと聞かせる

 

上記の3つです。

 

中学受験のための塾の授業は、進度が早く、基礎的なことはスキップされがち。

なので、低学年の内に、授業についていくための準備が必要です。

 

順番に話しますね。

 

①家庭学習の習慣化

 

まずはこれ。

家庭学習を習慣化しましょう。

小2から小3の間に、家庭学習が習慣化できていて、学校の成績も上々。

これが、中学受験のスタートラインです。

 

家庭学習で、学校の勉強を。

家庭学習を習慣化することで、
学校の成績をよくしましょう。

 

学校の成績がいいということは、

  • 人の話を聞ける。
  • 基礎学力が身に着いている。

これらの証拠となります。

 

 

また、共働きのご家庭の場合、
入塾後に基礎学力が足りないことに気付いても、子供のサポートをする時間が取れないことが多いです。

 

子供がある程度一人で勉強を進めるためにも、

家庭学習を習慣化して起き、基礎学力をつけることが大事です。

 

 

何を?どれくらい?

では、家庭学習と言っても、
何を、どれくらいやればいいのでしょうか?

 

「何を」、に関しては

  • 学校の宿題
  • 算数と国語の市販の問題集

です。毎日やりましょう。

 

「どれくらい」に関しては、

  • 「算数・国語の各 (学年) × 10分」

で大丈夫です。

2年生だったら、国、算合わせて40分、
3年生だったら60分という具合です。

 

基礎的な国語と算数の能力育成

 

次にこれ。基礎的な国語と算数の能力育成です。

受験のための基礎学力と
小学校の基礎学力は、意味が違ってきます。

一部は、先取りをしておくべき内容があったり、
スピードを高める必要もあります。

 

算数について。

算数につきましては、入塾テストの頃には、
4年生の計算問題が解けるようにしておきましょう。

 

たとえば、四則混合計算。
3年生で受ける入塾テストでは、普通に出題されます。

 

忙しくて、子供の勉強を見るのが難しいご家庭は、
公文などに行かせるのも一つの手です。

 

とはいえ、公文に行かせて、
プリントの数字が殴り書きの子は、注意です。

こういう子は、
勉強するより、体を動かしたいというケースがあります。

低学年なら、椅子に座ってコツコツ頑張るのが嫌いな子も多いです。

 

そういう子は、
公文ではなく、そろばん教室に行かせるのをおすすめします。

 

 

国語について

国語については、
学校の勉強が問題なく進み、日常生活の会話ができていれば、
焦ったような先取り学習は不要です。

 

やってほしい事と言えば、

  • 教科書を音読
  • 問題集の1日10分程度の問題

上記です。

どちらも、毎日やりましょう!

 

③人の話を、ちゃんと聞かせる。

手先, 話, 笑顔, 会話, 幸せ, 通信, かわいい, 卑劣な私, 壁紙, 黄色, 青嬉しい, 青地域

 

最後にこれ。人の話をちゃんと聞かせることです。
これが一番大事です。

 

塾はスピーディーです。

塾は学校と比べてスピーディーに授業が進みます。

 

ボーっとしていても、学校のような
「黒板のほうをちゃんと向いて! ○○ちゃん!」
などの先生の注意は、塾ではないです。

説明もいきなり始まり、気を抜くと、ノートの板書も遅れます。

 

よって、今の内に話を聞く習慣をつけておく必要があります。

 

人のペースに合わせて話を聞く習慣がないと、
入塾しても、授業に遅れます。

 

会話の作法が、大事です。

話を聞く習慣をつくか否かは、
家庭での会話の作法が大きくかかわってきます。

 

お母さんやお父さん自身が、子どものほうをしっかり向いて、
目線の
高さを同じにして、聞く時は相手の目を見る。

これが大事です。

 

こういったことが家庭でできていると、
子供もそうします。

 

逆に、お互いあさっての方向を向きながら会話する家庭の子どもは、
話を聞くのが苦手になります。

 

親御さんを見て子供は育つということですね。

今回は、入塾する前にするべき3つのことについて話しました。

ぜひ参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年6月5日

西村則康『共働きだからできる中学受験必勝法!』,2018

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です