【中学受験】受験生の成長を止める4つの「バイアス」について話します。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供が受験に向けて楽観的に構えているけど、正直、偏差値は届いていなくて、不安…

とお困りの方はいませんか?

そんな子は、もしかしたら

「バイアス」

がかかっているので、危機感がわかないのかもしれません。

 

「バイアス」とは、「偏見」のことです。

「○○は絶対○○だから、俺は大丈夫」

みたいに、何らかの決めつけ、偏見、バイアスがあると、
それが成績向上を邪魔している可能性があります。

 

そこで今回は中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 受験生の成長を止める、5つのバイアス

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

成長を止める、4つのバイアス

 

受験生の成長を止める、
4つのバイアスは以下です。

 

  1. 生存バイアス
  2. 正常性バイアス
  3. 自己奉仕バイアス
  4. 同調バイアス

 

上記です。

上記のバイアスは子供だけでなく、
親御さんの皆さんも持っている可能性があります。

 

「このままの偏差値で受験は楽勝♪」

内心そう思っている方も、これらのバイアスに注意するべきです。

 

順番に話していきます。

 

4つのバイアス

受験生の成長を止める4つのバイアスを、
順番に説明していきます。

 

①生存バイアス

まずはこれ。生存バイアスです。

これが一番、陥りやすく、重要です。

 

生存バイアスとは、簡単に言うと、

「成功した人、組織にのみ注目し、失敗したものをみようとしなくなること」

です。

 

例えば…

  • エジソンは小学校も卒業せずにあんな多くの発明をしたのだから、
    自分は学歴がなくても発明家になれる。
  • 自分は、去年同じ志望校に合格した先輩と同じ勉強をしているから、
    自分も今年、合格できる。
  • インフルエンサーのあの人がおすすめの朝の習慣を真似たら、
    成功する方法がわかる。

などなど。

 

ついつい、

「成功した人の行動=自分が成功する行動」

と思ってしまいますが、それは勘違い。

成功した人は、自分の行動をすべて語っている訳ではありません。
裏での努力や葛藤があります。

 

なので、受験生で言えば、「合格体験記」に注意です。

もちろん「合格体験記」は参考にすべきですが、
そこに合格する方法、全てが書いているわけではありません。

 

正直、「合格体験記」よりも、「不合格体験記」
の方が参考になります。

 

成功する方法を試しても、上手くいかないことが多いですが、
失敗する方法を試したら、かなり高い可能性で失敗します(笑)。

 

②正常性バイアス

次にこれ。「正常性バイアス」

これは、

「危機的状況に自分はいない!」

と思い込むバイアスです。

例えば…

  • 東日本大震災の時、津波が来るのにも関わらず、「大丈夫だろう」とたかをくくって、被害に遭ってしまう。
  • 「別に今から本気を出さなくても大丈夫だろう」と思っていたら、本番の試験で普通に落ちる。

 

などなど。

前者のような災害には、日本人は慣れており、このバイアスがある程度取り除かれていますが、
受験になるとなぜか危機感を持ちません。命に関わらないからでしょう。

 

受験においても、自分(うちの子)は大丈夫だとは決して思わず、
冷静に現在の成績、残り時間を判断しましょう。

 

 

③自己奉仕バイアス

次にこれ。「自己奉仕バイアス」

これは簡単に言うと、

「何かに成功した時、それは100%自分のおかげで、逆に失敗したときは、周りが悪い」

こう思ってしまうバイアスです。

 

  • この企画が通ったのは、リサーチしてくれた部下のおかげではなく、自分が良いプレゼンをしたからだ。
  • 第一志望校に受かったのは、親や先生のおかげではなく自分の努力だ。

 

こういうやつです。

成功の要因は、受験生当人の努力ではなく、
親が毎日お弁当を作ってくれたり、送り迎えをしてくれたおかげでもあります。

 

模試などで、ちょっと結果が出たからと言って慢心していると、
本番、痛い目に遭います。

 

何事も慢心しないこと、感謝をすることが大切です。

 

 

④同調バイアス

最後にこれ。「同調バイアス」

これは

「周囲と同じ行動をしていれば、失敗はしない」

というバイアスです。

 

  • 皆が大企業に行くから、そこに行けば安泰と信じるが、入社後、経営が傾く。
  • オンラインで勉強する人が周りにいないから、やらないでいたら、結局ネットを使て勉強した人に負ける。

などなど。

 

「多数派=正しい」

この式は成り立たないことがよくあります。
特に今のような激動の時期こそです。

 

今回は「バイアス」について話しました。

子供だけでなく、親御さん方も、これらのバイアスに注意していただきたいです。

 

 

 

ぜひ参考にしてください!

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年6月4日

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です