【中学受験】「頑張れば報われる」根性論は間違いです【本音】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

中学受験はどんなに今子供の偏差値が低くても、
頑張れば絶対報われる…!

という方はいませんか?

 

一件ステキに見える根性論ですが、
それには実は、あまり賛成できません。

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 「頑張れば報われる」根性論は、間違い。

 

という話をしています。

是非ご覧ください。

 

根性論の間違い

 

よく、「努力は絶対報われる」「あなたは絶対できる」など、
親は子供に、「根性論」を押し付けたがります。

しかし、

それは実は、間違いで、
根性論を中学受験から教えると、子供のメンタルが崩壊してしまう可能性があります。

 

親子で頑張ります。

中学受験は、親子で頑張る受験です。
保護者の助けなしでは、無理な戦いです。

 

なぜなら、まだ小学生だから。
大学受験や高校受験は、子供自身が色々考え、予定をたて、勉強できるのですが、
まだ小学生だと、それはきついです。

 

色々やらせます。

しかし、親が助けると言っても、
中学受験に慣れている訳でもなく、意外と情報もつかめないので、

 

「受かるためにはどうすればいいか?」

と、思ったことを全てやらせてしまうパターンが多いです。

 

 

根性論は無理です。

色んな事をやらせすぎて、子供に色々求めすぎて、子供が疲れてしまっても、
「根性論」で親は乗り切ろうとしがちです。

 

  • とにかく勉強すればいける。
  • 今めちゃくちゃ我慢すれば、将来は安泰。

などなど、言いがちです。

 

もちろん、子供の為の言葉ですが、
まだ体力もない子供は、いくらやる気があっても、根性論が通用しない場合が多いのです。

 

 

成熟度が影響します。

 

やはり、根性論が通用しない理由は、
子供の成熟度が影響してくるからです。

 

抽象概念、難しいです。

中学受験の世界では、
大人でも理解できないような抽象概念を読み解く必要があります。

 

そこをクリアできるかどうかは、
それはもう、精神がどれくらい成熟しているかにかかってきます。

 

それを、

「分からないのは、勉強量が足りないから」

と親子共々勘違いしてしまいます。

 

 

 

これはきついです。

こうなってしまうと、
子供のメンタルはきついです。

 

子供も最初はもっと頑張ろうと勉強しますが、
何度もそうやってエンジンがかかると、

「あ、もう努力できないかも…」

と思います。

 

 

しかし、親は続けます。

しかし、親はその子供のSOSに気付かず、
ずっと子供に頑張れと言い続けてしまいます。

 

辛いことがあっても、
それは中学受験につきものだと思ってしまいます。

 

他の家庭のこともあまり分かりませんので、
我が家の常識が、世間の常識と勘違いしてしまいます。

 

中学受験は親のサポートが必須なので、
こんな状況になりやすいのです。

 

今一度、自分の家庭の教育方針を、
周りの家庭と比べて見直してみるのもいいかもしれません。

 

今日は「中学受験の根性論」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年11月7日

 

参考・引用

『「勉強しなさい!」エスカレートすれば教育虐待』,日経DUAL,2019

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です