【中学受験】入試当日、緊張する子供に親はどう接すればいい?

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

入試当日、子供にどう接したらいいか、分からない。

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 入試当日、緊張する子供に親はどう接すればいいか

 

を話します。

是非ご覧ください。

 

緊張してます。

 

入試当日の2月。

親は大体そわそわしているので、
子供に緊張感がないように見えてしまいます。

しかし、ほとんどの子どもは、実はかなり緊張しています。

 

あおるのはNG。

なるべく自然体でいる方がもちろんいいですから、
「もっと緊張して」と言って、緊張を煽るのはよろしくありません。

 

 

アドバイスをしましょう。

緊張感で押しつぶされそうな子には、
「あなただけじゃない」と、教えてあげましょう。

 

「極限に追い詰められている状況だと、
緊張しているかどうかさえ、よく理解できない

今の自分を俯瞰で見られているだけ冷静だから、大丈夫」

 

と、アドバイスを送ってあげるといいですね。

 

 

伝染します。

また、親があまりにもソワソワしていると、
その緊張は、子供に伝染します。

 

あくまで親は、緊張していても、
なるべく心を静めるようにしましょう。

 

 

イメージしましょう。

天の川, 星空, 夜の空, 星, 泊, 空, スペース, コスモス, アストロ, 天文学, 宇宙, 銀河

 

もし、親子共々緊張してしまうことが怖い方は、

「中学受験が終わった瞬間は、
その合否関係なく、家族全員、笑顔でいる」

と日ごろからイメージすることがおすすめです。

 

くどいほど伝えましょう。

そして上記のことを、
子供にも言っておくのが大事です。

 

「本番がそろそろ始まって、緊張を感じるかもしれないけれど、

全ての試験が終わった日、合否は関係なく、
家族みんな笑顔で、打ち上げの食事をとっている」

 

こうも言ってあげましょう。
何度も伝えてあげてもいいです。

 

感情の揺れ、経験します。

他にも、長い中学受験の中、様々な時に、
緊張や不安など、感情の揺れを体験します。

 

そんな時が来るたびに、一旦落ち着きましょう。

 

そして、自分が子供の立場になったら、
どんな言葉をかけられたらいいかを考えましょう。

 

この感情の整理が、受験を乗り切るには大事です。

 

今日は、「入試本番の子どもの緊張」について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年11月19日

 

参考・引用

『中学受験「必笑法」』,おおたとしまさ,2018

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です