【中学受験】子供が行く学校を、最高の学校だと信じましょう。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

そろそろ受験本番になるけど、
もし子供が第一志望になったらどうしよう…?

という方はいませんか?

 

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

 

  • どんな学校であれ、子供が行く学校を最高の学校だと信じましょう。

 

という話をしています。

是非ご覧ください。

 

共通するものがあります。

 

合否関係なく、中学受験に成功している家庭のお母さんには、
共通するものがあると気づきました。

 

ある母の例。

あるお母さんは、

「中学受験をする時点ですごいこと。
自分は地方だったから、そもそもそういうのがあることすら知らなかった。

自分で学校を選べるチャンスを、無駄にしないで頑張ろう」

 

と、常日頃から子供に言っていました。

子供の方も、一生懸命頑張っていました。

 

 

全ての学校、魅力的。

お母さんがこういう言い方をすると、
子供にとっては、全ての学校が魅力的に思えます。

 

そして第一志望は落ちてしまいましたが、
第二志望に合格します。

 

受験後の親子の姿は、とてもさわやかでした。
そしてやりきった自信にあふれていました。

 

どうやら、このお母さんは、
会社の社長さんでした。

 

話を聞いてみると、

「経営の経験から、何でも物事は思うように進まないし、
自分の受験じゃないんだから、自分の思うとおりに行かないのは当たり前。

ここで結果が出なくても、何とかなる」

 

と言っていました。

 

 

胸を張りましょう。

上記のように、
結果に関係なく、中学受験の挑戦自体に胸を張れる家庭は、


「何があっても、結局行く学校が自分にとっての最高の学校になる」

 

と信じていたパターンが多いです。

 

このマインドが、結果関係なく満足できる理由ですし、
子供も伸び伸びと受験できます。

 

 

他の母親の例。

 

また、他のお母さんはこのように言っていました。

 

「6年の時、親がいわずとも勝手に机に向かっている姿を見てい、
子供の成長を感じ、感慨深くなってしまいました。

そして子供の本気をみてから、受験の合否がどうでもよくなって満足しました」

 

 

期待していればOK

一方、その子供に私が、
「そろそろ受験だけど、どの学校が楽しそう」と聞くと、

「どこ行ったって、多分楽しいし、大丈夫でしょ」

と期待していました。

そういう子は、絶対に大丈夫です。

 

成長に気付きましょう。

おそらく上記のように、親が成長を実感しているところは、
上手く行くと思います。

 

結果のみを見て、成長に気付かないと、
親の焦りが子供に伝わってしまうのでしょう。

 

 

怖くなりません。

あくまで子供の成長が中学受験の一番大事なところ。

それを忘れなかったら、
合否に焦ることも少ないでしょう。

「合格してほしいし、もしだめでも、やりきれたなら、OK」

心からそう思える時が、
親子の成長の瞬間であります。

 

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年11月20日

 

参考・引用

『中学受験「必笑法」』,おおたとしまさ,2018

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です