【中学受験】小6の子供が、受験を辞めたいと言ってきた。どうすればいい?

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供が受験を辞めたいと言ってきたんだけど、どうしよう…?

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 子供が受験を辞めたいと言ってきた時どうすればいいか。

 

を話します。

是非ご覧ください。

 

こんな質問がありました。

 

最近、私の元に、保護者の方からこんな質問が来ました。

 

「今、娘は小6なのですが、なぜか受験をやめたいと言ってきました。
しかし、別に成績が悪いわけではなく、偏差値は高い方です。成績も順調に伸びてきました。

今では受験はせずに地元の公立に行くと、一点張りです。
勉強もしなくなり、私が何でか聞くと、ただ「受験はやめる」しか言いません。

こんなのは初めてです。どうすればいいでしょうか」

 

 

気持ちを聞きましょう。

こんな時は、ああしてほしい、こうしてほしいと、
色々思わずに、

ただただちゃんと、口を挟まず、
子供の気持ちを聞くことが一番です。

 

小6という直前の時期だから、
「受験をやめる」と言っているだけなのかもしれません。

例えばこれがバレエだったら、
「バレエ辞める」と反抗していた可能性もあります。

 

今までこんなことがなかったのなら、
子供はずっと我慢していて、とうとうそれが爆発してしまったのかもしれません。

 

 

思春期の可能性。

また、もしかしたら今、小6という時期もあって、
思春期に入ってきているかもしれません。

 

親としてもびっくりすることですが、
子供の成長に、思春期と反抗期はついてきます。

 

小6で反抗してしまうことによって、
何かしらの意思表示を示しているのでしょう。

 

 

 

子供のありのままを見ましょう。

 

やはり、子供の話を聞くにしても、
その子の気持ちをしっかり受け止めるべきでしょう。

 

ついつい、受験を続けて欲しいと親は思ってしまいますが、
それは一旦、忘れて、とにかくありのままの子どもの姿を見ましょう。

 

全てを受け入れましょう。

 

子供の話を聞くときは、

「中学受験にはやりたくなくなったんだ」
と、子供の言葉に賛成したり、反対したりと、とにかく全てを受け入れましょう。

 

 

少しずつ聞きましょう。

子供の話を聞いていったら、

 

「○○(子供の名前)を説得しようとか、思ってないから、
どうして中学受験をやめたいって言ったのか、その理由を教えて欲しいの」

と、少しずつ、聞いていきましょう。

 

 

子供がその理由を語りだしたら、
特に過剰に反応せず、

「そうなんだ」「そう思ってたんだ」

と、オウム返しのように聞きましょう。

 

 

 

共感しましょう。

そこでの子供に対する助言などは、
いりません。

ただただ、「そうなんだ」と、
子供の話を共感しましょう。

 

そして、しっかり話してくれたことに対するお礼を言って、
その場はお開きにしましょう。

 

 

「何か」を抱えています。

今、その娘さんが何をどう思っているのかは、
正直、分かりません。

 

凄く軽い悩みを大袈裟に考えているの可能性もあるし、
とても大きな悩みを持っているのかもしれません。

しかし、「何か」は抱えています。

 

それを大なり小なり親に伝える事ができたら、
少しは楽になって、冷静になるでしょう。

 

今日は、「子供が受験を辞めたいと言ってきた時」について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年11月21日

 

参考・引用

『中学受験「必笑法」』,おおたとしまさ,2018

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です