【中学受験】合格体験記を、今すぐ書きましょう。【3つの理由】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

先輩受験生の合格体験記を、子供の勉強の参考にしている。

という方はいませんか?

 

確かに参考になりますが、
合格体験記を読むのみでなく、書くのもまた、おすすめします。

 

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 合格前に、合格体験記を書くべき理由。

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

今から書くの?合格体験記。

blue book beside white pen

 

この記事のタイトルを見た方は、
おそらく、

「受験、まだ一校も受けてないのに、
合格体験記、書くの?」

と、思われる方がほとんどだと思います。

 

私もこれ、言われました。

実は私も大学受験の時、
先生にこれを言われました。

 

言われた当初は、

「意味不明じゃん」

と思ってみましたが、
騙されたと思ってやってみたら、そう言う意味が分かりました。

 

おそらく3つのメリットがあるのです。

これは、ぜひ皆さんにおすすめします。

 

合格体験記を書くべき3つの理由。

brown pencil on white book page

 

合格体験記を書くべき理由、
3つは以下になります。

 

  • 合格した姿をイメージできる。
  • 何をするべきか具体的にわかる。
  • 考えが整理される。

 

上記3つです。

是非ご覧ください。

 

①合格した姿をイメージできる。

まずはこれ。
合格した姿をイメージできること。

合格体験記はもちろん、
合格した自分の姿をイメージして書きます。

 

  • 親になんて祝われるか。
  • 友だちになんてほめられるか。
  • 塾の先生になんて言ってもらえるか。
  • 入学後、どんな生活が待っているか。

 

などなど、
合格後のことを考えていることで、十分プラスのイメージが生まれてきます。

 

②今、何をするべきか分かる。

次にこれ。
「今、何をすべきか分かる」こと。

 

「今の勉強量の延長にある未来は、どうなっているか」

これを考えていると、
現在+αの成績しか、期待できません。

少しは伸びても、大きく偏差値を伸ばすことは、
意識からして不可能なのです。

 

しかし、

「未来に受かった結果があって、それを基準に現在の努力を見る」

これをすると、否が応にも自分の勉強量の少なさが分かり、
焦り始めます。

 

結果をもとにして、現在を見る。

この位置に立つと、現実から目をそらすことができなくなるのです。

 

③考えが整理される。

最後にこれ。
「考えが整理される」ことです。

受験というのは近づけば近づくほど、
焦りが強まり、自分の考えが分からなくなってしまいます。

 

そこで実際、ペンで紙に書きだすことで、

 

  • 具体的に何に悩んでいるのか。
  • どんな未来が欲しいのか。
  • 本当に自分が目指しているところはどこなのか。

などが分かってきて、考えが整理されるのです。

これは6年生におすすめです。

 

今日は「先に書くべき合格体験記」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年9月7日

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です