【中学受験】受験直前の「焦り」をなくす2つのおすすめ対処法とは?

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

 

 

受験直前に、どうしても子供が焦ってしまう…。

とお困りの方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 受験直前の「焦り」をなくす2つのおすすめ対処法

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

入試前、焦りが出てきます。

man beside white frame window

 

この時期、入試前は、真面目に勉強している子ほど、
弱点もあぶりだされてくるので、

「焦り」
が出てきます。

 

プレッシャーに弱い子は特に。

焦りというのは、実を言うと、
頑張って勉強してきた証拠なのです。

頑張って受かるかどうか分からないくらいまで来たからこそ、
結果が気になって焦りが生じてしまうのです。

 

特に、プレッシャーに弱い子は、
焦っている自分を客観的に見て、更に焦ってしまうなんてことも。。

 

文化祭や体育祭などの、行事の前に、
「明日は大事だから早く寝ないと!!」
と、思って、気が高ぶって寝られないのと同じことです。

 

「焦り」をなくす2つの方法。

質問, 疑問符, 書きます, ブログ, 誰, 何, どのように, なぜ, どこ, ボード, 通信手段

 

この時の対処法は、2つあります。

  1. 「しか」を「も」に変えて考える
  2. 成果を目に見える形にする

です。

順番に解説していきます♪

 

①「しか」を「も」に変える

まず1つ目。

「しか」を「も」に変えて考えてみることです。

この時期入試まであと少しとなると、
もちろん気持ちは追い詰められます。

 

残り時間が少ないのに、新たな課題が見つかったり、
受験直前のトラブルなどなど、

かなり危機感を感じます。

 

そして、つい

  • 「もう10日しか残っていない」
  • 「あと5日しかない」

と考えてしまいがちです。

しかし、こんなときにこそ、
「しか」を「も」に変えましょう。


「まだ3日も残っているよ」
「まだ1日ある」

と声をかけてあげるのです。

 

気持ちが楽になります。

これをするべき理由は、やはり、

「~しか」で考えるとどうしても
「でき
ていないこと」ばかリ意識が向いてしまいます。

ところがこれを、「~も」に変えると、
ぐっと、気持ちが楽になるのです。

 

心にゆとりが生まれたら、
いつも通り勉強できます。

 

②成果を目に見える形にする

次に、

成果を目に見える形にすること

です。

ぜひ、自分の勉強経過を目に見える形にしましょう。

  • カレンダーにその日やった勉強内容を書く。
  • SNSに書き込む。
  • 先生に学習経過を紙に書いて報告する。

などなどです。


努力というのは工夫しないと、目に見えないものです。

それを可視化することで、
自分の頑張りが自信につながり、余計に焦ることがなくなります。

入試本番に強い子の2つの特徴

man standing and walking going on boxing ring surrounded with people

 

ではそもそも、
入試本番に強い子はどんな子なのでしょう?

タイプは2つあります。

  1. 悔し泣きをする子
  2. 家族の為にも頑張れる子

です。

順番に解説しますね。

 

①悔し泣きをする子

まず1つ目。
悔し泣きをする子。

悔し泣きをする生徒を見ると、
私は「この子は伸びるぞ」と思います。

例えばこういう時

  • 問題が解けない。
  • クラス替えで下のクラスに下がる。
  • スポーツで負ける。

などなど、何か失敗した時です。

頑張っているから、涙が出ます。

泣いている子どもを見ると、
「大丈夫かなあ」とか「かわいそうだなあ」と思うこともあるでしょう。

 

しかし、
実は、頑張っているからこそ、あふれる涙もあるのです。

悔し泣きには、強い向上心が隠れています。
「もっと頑張りたい」
「もっと成績を上げたい」
そういう気持ちです。

 

この向上心という、素晴らしい気持ちをうまく利用すれば、
次の機会には、きっと結果もよくなっているでしょう。

 

【注意】行き過ぎはNG

ただしこれには注意点があります。

  • クラス1番じゃなきゃダメだ。
  • 偏差値は75を超えないとだめ。

など、いきすぎる時。


こうなってしまう場合、少し修正して

  • 次は計算ミスをなくす。
  • この前より応用問題の正解を3問増やす。

などのように、
努力すればできることを、目標にしていくとよいでしょう。

家族の為にも頑張れる子

二つ目です。


自分のためだけではなく、家族のためにも頑張れる子ども。

つまり、
他人の為にも頑張れる子のことです。

受験だけの話ではありません。

 

社会の中で成功している人、お金持ちの人は、
寄付やボランティア活動などに熱心な人が多いです。

彼らは、人の役に立つということが、相手だけではなく、
自分のためになるということをよく知っています。

少し考えてみてください。
クリスマスが近づき、子供のプレゼントを探すとき。

 

プレゼントは、もらった子どもがうれしいのは当然ですが、
「何を買ってあげたら喜ぶかな?」
なんて風に、と考えながら探す親のほうも、
楽しいものではないでしょうか?

 

他人が喜ぶと、自分も嬉しい。

笑顔にしたい人の笑顔が見られることに、
喜びを感じられるのが、人間です。

「自分の合格で、喜ぶ家族の顔を見たい!!」
と思うことは、大切なことなのです。

また、家族だけではなく、先生、友だちなど、
○○のため。

の対象が多い子の方が、結果も残しやすいです。

 

今日は、受験当日のおすすめの過ごし方について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年1月2日

参考図書
渋田隆之『中学受験 合格できる子の習慣 できない子の習慣』2013

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です