【中学受験】小6から受験を初めても間に合う?間に合わない?

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

小6から受験を初めても大丈夫?間に合わない?

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 小6から受験を初めても大丈夫なのか

 

について話します。

是非ご覧ください。

こんな質問がありました。

 

小6から中学受験を始めるのはどうか。
という質問はよくいただきます。

結論から言うと、

「人による」

のですが、


今回は、一つのご質問に答える形で、
小6からの受験について話します。

 

 

姑からの相談。

先日、こんな質問をいただきました。

 

「今小6の娘がいまして、姑から中学受験をすすめられています。

○○中学か、××中学だね、と、学校まですすめてきます。

一応、塾には通って入るのですが、
学校の補助的な役割の所です。

○○中学は、偏差値53、××中学は、偏差値50でした。

娘はいつも学校で、8割以上と、いい点を取ってきます。
なので、いけそうな気がします。

ダンスも習っているので、それを続けながら中学受験をさせるのはいかがでしょうか?」

 

という質問です。

 

 

現実的ではないです。

このケースについては、
中学受験を今からするのは現実的ではないと思います。

 

偏差値50といっても、
中学受験の偏差値50はかなり難しいのです。

小学校のテストができるのは、大前提の話です。

 

気持ちは分かります。

確かに、地元の公立に娘さんをいれるのが、
不安な気持ちは分かります。

 

それだけのために中学受験をするというのも、
立派な一つの手だと思います。

 

決めてしまうのはおすすめしません。

とはいえ、
「○○中学か××中学」と、あらかじめ行く学校を決めておくのは、おすすめしません。

 

一度決めてしまうと、不合格になった時、
今までの努力がむなしく思えてしまうのです。

 

かなり難しいです。

また、中学受験の世界の偏差値50は、
十分難しいです。

 

小学校のテストで点を取れるというのとは、
また別の世界なのです。

それなりに厳しい世界、ということですね。

 

勉強は、しましょう。

 

また、もしこれから受験に挑むなら、
受験勉強をさせないという選択肢はないと思います。

学校の補修用の塾でも、中学受験の協力をしてくれるでしょう。

またやはり、
ダンスを続けるのも厳しいかもしれません。

 

 

塾に聞きましょう。

また、娘さんがどのくらいの成績なのかは、
今の私には、分かりません。

 

なので、現在通っている塾に相談するのがおすすめです。

 

その上で、これからかなり頑張ることは、
必要になってくるでしょう。

 

本気さは、必須です。

 

高校受験でも、大丈夫。

また、別に無理して中学受験をしなくても、
大丈夫だと思います。

 

中学でしっかり勉強を頑張って、
高校受験で逆転することは、よくあります。

 

高校受験ではダメだとしても、大学受験だってまだあるのです。

 

今は、熱心なダンスに集中させて、
勉強は最低限というのも、全然アリだと思います。

という感じで、解答とさせていただきます。

 

今日は「小6からの受験勉強」について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年11月29日

 

参考・引用

『中学受験「必笑法」』,おおたとしまさ,2018

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です