【中学受験】模試の国語の、効率的なおすすめ復習方法を話します。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

うちの子、国語が苦手で模試の復習にけっこう時間が取られている…。

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 模試の国語の、効率的なおすすめ復習方法

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

効率的な復習方法

 

国語の復習は、どうもやりかたが分かりづらく、
けっこう時間がかかってしまいがちな教科です。

 

そんな時にはやはり、

自分が何ができなかったのかを最初にに分析すると、
効率的に復習することができます。

 

普通はこれですが…。

普通は、「一から文章を思い出すために読んで、また一から解答していく」
というパターンが多いです。

もちろん、これができるのならやってください。
しっかりとしていて、良いと思います。

 

とはいえ、時間が無くて、ここまでできないのも事実…。
国語にそこまで時間はさけませんよね。

 

やはり、そんな時には、
自分の解答をしっかり分析して、

「今自分(子供)は何ができていないのか」

を分かっておき、そこを重点的に鍛えることが、効率的です。

 

 

目の前で読ませましょう。

私は、生徒が文を読む様子を、
実際に見るというやり方をします。

 

  • どう文を読んでいるのか。
  • 接続詞は理解していそうか。
  • 大事な段落はどこか分かっているか。

 

などを、生徒の読む様子から、察します。

これをすることで、
生徒がどれくらい読解できているかを確かめられます。

 

解くのも見ましょう。

また、子供が解く様子も見ます。

 

  • どの問題をどの段落を根拠にして解いているのか。
  • ちゃんと問題文を読んでいるのか。
  • 解答をつくるコツを知っているか。

 

などを確認します。

これをすることで、
解答をつくる力を見ることができます。

 

語彙力も見ましょう。

また、上記2つをやりながら、
子供がどれくらい語彙力があるのかも、見ていきます。

 

10分くらいこれらをやれば、
プロの家庭教師は、子供がどこでつまづいているかが、大体分かります。

 

おそらくもうちょっと時間をかければ、
親御さん方もできるかと思います。

 

そしてその分析はつまり、
子供が今やるべき勉強が見えてくるということです。

 

 

それぞれの子の伸び方。

 

子供のタイプによって、
これからどう成績を伸ばせばいいのかが見えてきます。

 

読解力は時間がかかります。

国語を伸ばすのに時間がかかってしまうのは、
読解力が足りない生徒です。

 

文章理解ができないと、そもそも問題が解けません。

 

  • 文章のテーマの掴み方。
  • 大事な分の見分け方。
  • どうすれば速く読めるか。

 

などを指導して、
なるべく簡単な選択問題から、正答できるようにしていきます。

 

 

解答の強化はわりと簡単。

また、文章読解はできるけれど、解答を作る力がないと言う子は、
わりと短時間で、国語の成績を上げることができます。

 

こういう子にいくら読解のコツを教えても、
時間の無駄になるケースが多いです。

 

これはプロが指導すれば、結果はわりと早く出ます。
3か月で偏差値が20上がるくらいは、よくある話なんです。

 

 

最初の分析が大事です。

やはり、自分は読解ができていないと思い込んでいる子が、
うちの塾に来て、解答をつくるコツを教えると、スルスルと偏差値が上がるケースがあります。

 

読解力を今まで、解答を作る力がなくて、活かしきれてなかったのです。

 

よく「やっぱり国語は半年くらいかかりますよ」と言われます。

もちろんそういうケースもありますが、
子供のタイプを始めに見ることで、かなり時短になるケースもあるのです。

 

語彙力は大変。

また、読解できるし、論理的に解答をつくることができるのに、
成績が芳しくない子は、語彙力が圧倒的に足りない場合があります。

 

こういうケースは、「半年くらいかかる」のも、真実でしょう。



とはいえ半年くらい頑張ったら、
語彙力もついて、得点につながってくると思います。

【中学受験】日ごろの会話に一工夫して、語彙を増やしましょう。

【中学受験】読書よりもおすすめなのは、新聞の投書欄です。【語彙】

 

 

国語は才能??

たまに「国語は才能だから」という声を聞きます。

確かに、他の教科に比べ、勉強法など、
よく分からないところが多い教科なのは確かです。

しかし、決して才能のみではなく
しっかり子供のタイプを知り、適切な対策をとることで、しっかり伸びる教科なのです。

 

今日は、国語の復習について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年2月1日

 

参考・引用

『中学受験に勝つ子が育つ賢い親の習慣』,松永暢史,2015

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です