【中学受験】日ごろの会話に一工夫して、語彙を増やしましょう。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

 

うちの子、語彙が少なくて困っている…。

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 日ごろの会話に一工夫して、語彙を増やすすすめ。

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

読み書き、大事です。

white ceramic mug on table

 

中学受験、また、小学校の勉強は

「読み・書き・計算」

この3つを中心に勉強します。

これらは社会人になってからも、必須のスキルです。

大人の会話の理解です。

上記3つの内2つ、「読み・書き」の部分については、
実は、親を始めとする大人の会話によって、鍛えられます。

 

よく、大人との会話では出てくるのに、
子供からは出てこないような言葉がよくありますよね。。

 

「そこは分かってるはずなのに!」
そんな語彙を、入試で出されるからこそ、
「正解してよ!」と、煮えくり返ります。

 

しかしこの、「煮えくり返る」の意味も、
子供は分からないのです。

 

 

語彙が問われています。

よって、国語については、
「語彙」がかなり重要です。

 

とはいえ、語彙をつけたいがために、読書をしろと言っても、
そもそも作者が何を言っているか分からない事態になります。

 

分からないから辞書を引けと言っても、
辞書の説明に書いてある言葉の意味が分からないのです。

 

 

親子の会話

white conversations printed mug near smartphone

 

よって、
子供自身が語彙を身につけるというより、
親子のコミュニケーションでつけていく方が自然で、おすすめです。

 

慣用句もOKです。

例えば、会話に慣用句を話すのはどうでしょうか?

 

  • 「それって、雲をつかむような話しだねぇ。どんな意味?」
  • 「それは河童の川流れだね。あれ、これって、他にどんな言い方があったっけ?」

 

など、子供に慣用句を交えて質問するのです。

そこで分からないのであれば、親から教えてあげましょう。

後で聞きましょう。

そこで終わっても良いのですが、
「あとでこの意味、もう一回聞くからね」と言うのをおすすめします。

 

一定期間たったら実際に、
ぜひ、あとでその慣用句の意味をもう一度聞きましょう。

 

そこでも分からなかったら、また後で聞く。

そうすると、使える語彙が徐々に覚えていきます。

このサイクルが、大事なのです。

会話が不足しています。

この会話がかなり自然で語彙を覚えるのに良いですが、
現在は

  • 核家族
  • 鍵っこ

などが増え、中々、親子の会話ができません。

 

この状況はもはや仕方がないことですが、
少ない会話の中で、子供が語彙を覚えた時は、ぜひほめてあげましょう。

 

この、自然な会話をしながら語彙力も上げる方法は、
簡単にできるのでおすすめです。

ぜひ試してください。

 

今日は「日ごろの会話と語彙力」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年8月15日

 

参考・引用

『塾では教えてくれない中学受験親の鉄則』,梅津貴陽,2016

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です