【中学受験】読書よりもおすすめなのは、新聞の投書欄です。【語彙】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供に語彙力をつけさせたいから、本を読ませようと思っている。

という方はいませんか?

読書も確かに有効ですが、
もし語彙力アップのために何か子供にさせるなら、読書よりも効果が高いものがあります。

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

  • 読書よりもおすすめなのは、新聞の投書欄

という話をします。

是非ご覧ください。

新聞の投書欄がおすすめ

man sitting on bench reading newspaper

語彙力をつけるのには、
読書もありですが、それよりも新聞の投書欄がおすすめです。

さらに、効果的に語彙力をつけるには、
読むのに加え、書き加えると、さらに良いでしょう。

良い感じの量です。

新聞の投書欄については、色々良いとか悪いとかありますが、
私にとっては、投書欄は量的にも良い感じの量ですし、コンパクトにまとめられていると思います。

また、書きうつすのにも、4、5分で終わって楽です。

書き写してから難しい語彙を調べたりするのも、
3分くらいで終えれるので、計10分くらいで終わります。

そして、週に2、3回それを行うのが習慣になると、
語彙力に関しては心配のないレベルまでいくでしょう。

色んなメリットがあります。

新聞の投書欄に触れることは、

  • 知らない語彙を知る。
  • 文章校正を肌で感じ取る。
  • 色んな意見に接することができる。

などなど、色々なメリットがあります。

親もチェックしましょう。

また、親御さんにもチェックしていただきたいことがあります。

それは、子供が投書欄を書き写しているときに、

  • どんな字を書いているのか
  • はたして投書の文字通りにきっちり写せているのか

です。

たまにテキトーに書いて、ちゃんと書き写せていない子もいます。

ここの書き写しが雑な子は、問題を解いている時の読解も、雑な場合が多いです。

投書欄はあくまできっかけ

printing machine

また、投書欄を読むのをおすすめしますが、
それはあくまできっかけという認識を持ってほしいです。

広がりを持ちましょう。

新聞の投書欄を通して、
新聞に載っている社会の色々な面、

  • 文化
  • スポーツ
  • 科学
  • コラム

などに関心が向いていって欲しいです。

入試本番で解く文章は、大人向けに書かれた本の抜粋であることが多いのです、
なので、子供が普段使わない言葉に慣れておきたいです。

投書もおすすめです。

また、投書を読むのに慣れてきたら、
いっそ新聞社に投書を送ってみるのも、おすすめです。

もしよければ、すすめてみてください。

先生の私としましても、
もし子供が新聞社に採用され、投書欄にのったら、かなり嬉しいです。

もちろん、新聞の投書欄以外にも、
小説など、文字に触れる機会は多く持つほど学習には良いと思います。

今日は、「新聞の投書欄」について話しました。

是非参考にしてください。

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年10月27日

参考・引用

『中学受験小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方7つのルール』,akira,2011

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です