【中学受験】小学生にスマホを持たせるのは反対です。【結局ゲームです】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供にスマホを持たせようか、持たせまいか、迷っている…。

という方はいませんか?

 

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 子供にスマホを持たせていいか、ダメか。

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

子供にとって、スマホはゲーム機です。

black iPhone 7 on brown table

 

  • 地震など災害があった時の位置確認。
  • 親との連絡

を理由に、子供にスマホを持たせているご家庭は、多いです。

 

しかし、私が生徒を見てきたところ、
スマホは結局、ゲーム機になります。

 

よって、スマホを持たせるのには、反対です。

 

制限をかけましょう。

どうしても持たせたいのなら、
子供用に制限をかけたものを持たせるべきです。

 

  • ゲーム
  • 歩行中の使用
  • Wi-Fiを使ったアクセス

など、様々な機能を制限することができます。

 

こういう設定をしておかないと、保護者の方もお分かりの通り、
スマホには中毒性があるので、子供もそれにやられてしまいます。

 

トラブルも、招きます。

また、小学生も中盤になると、

LINEを使ったいじめや、金銭的なトラブル、
そこまではいかなくても、友人関係のもつれが、

スマホを介して子供を襲います。

 

スマホは、トラブルメイカーなのです。

 

色々、考えることがあります。

子供にスマホを持たせるには、
親は色々と考えなければいけません。

 

  • まず、「スマホ」と「SNS」に対するリテラシーを、
    親子ともども持っておくこと。
  • ネットばかり見るのではなく、
    リアルなコミュニケーションをどうとっていくかということ。
  • また、問題が発生した時、親が子供のメンタルに気づけるかということ。
  • 逆に子供が親に相談しやすい関係をつくれているかということ。

 

などです。

 

スマホは便利に見えますが…。

silhouette photo of person holding smartphone

 

確かに、スマホって、教育にとっても便利なように思えます。

  • 電子辞書
  • 音楽
  • パズル

など、良いアプリはたくさんあります。

 

しかし…

しかし、

  • 良いアプリなら大丈夫か。
  • どうせ、後で持たせることになるんだし。

という考えは、正直、危険です。

 

親が慣れると子供に移ります。

ほとんどの子どもは、スマホが欲しいといつか言い出します。
親が使っているのなら、その時期は早いでしょう。

 

しかし、親がスマホに慣れているために、あまりに早くから持たせると、
「スマホ=なくてはならないもの」
という価値観ができあがってしまいます。

 

最初は教育系のアプリをやっていますが、
徐々にゲームに走り出します。

 

ひどい例だと、親のクレジットカードで勝手に課金する子もいます。

 

大事なのは、実際動くこと。

スマホゲームは、おもちゃや外遊びより、
ずっと刺激が強いです。アップデートも止まりません。

すると、スローな遊びに楽しみを感じなくなります。

アプリで

  • カードゲーム
  • ボードゲーム
  • ミニゲーム

と同様なことができるとしても、
本当に大切なのは、実際人と人とでそのゲームを「リアル」で行い、
動いて、笑うことです。

 

スマホの教育系のアプリは確かにいいものもありますが、
「リアル」の体験は忘れないでください。

 

 

お母さんもいじりすぎないで。

また、お母さんも、スマホのいじりすぎはいけません。

よく子供がお母さんと話しているのに、
お母さんがスマホを見ているケースがあります。

これは最も良くない例です。
子供はそれを当然のことと思い、真似してしまうからです。

 

親子ともども、スマホの使用には気を付けましょう。

 

今日は「子供のスマホ」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年8月26日

 

参考・引用

『中学受験やってはいけない小3までの親の習慣』,西村則康,2015

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です