【中学受験】子供がゲームをする時間は、しっかり制限しましょう。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

子供がゲームにはまっているんだけど、親は何か注意するべき?それともごちゃごちゃ言わない方がいい?

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 子供がゲームをする時間は、しっかり制限するべき

 

という話をしています。

是非ご覧ください。

 

ゲームは、難しいです。

ビデオ ゲーム, ジョイスティック, ゲーム, コント ローラー, 再生, コンピュータゲーム, ホビー

 

毎年のように聞かれる受験相談は
「子供がゲームをずっとやっていて、勉強もしないといけないのに、どうしたらいい??」
ということです。

 

現在、コロナウイルスの影響で家にいる時間も長いので、
この手の相談は、かなり多いです。

 

そして、コロナ関係なく、ゲームについての問題は、
けっこう難しいです。ゲームも進化していて、かなり面白いのです。

 

 

過去の調査では…。

 

2007年の、少し古い調査(gooリサーチ)ですが、
約80%の子供がゲームをやっていました。

内閣府の2013年度の調査。
ここでも74.5%の子供がゲーム機を持っています。

なのでこの時点で、一人一台ゲーム機が渡っています。

 

時間の制限をしているのは45%で、
何も制限していないのは、35%近くもありました(2007年)。

 

もう10年前にこのデータです。これはスマホが普及する前。
今ではもっと多くの子供がゲームに精通していると思います。

 

生徒と接していても、ゲームのやりすぎで学校の授業中寝ている生徒が多くいるらしいです。
10年前では、小学生は授業中寝ることがありませんでしたが、時代は変わりました。

 

 

依存しがちです。

年々進化するゲーム。大人がやっても面白く、
子供からゲームを禁止するのは、実は難易度が高いです。

 

そして、大人が博打に大金を注いでしまうのと同じように、
親が何もしないと、子供が依存してしまうのです。

 

小6にもなって子供が本気モードになってゲームに興味がなくなったらいいのですが、
ずっとやりつづけて、中学受験中から入学後まで、ゲーム三昧で全く勉強をしない生徒になることがあります。

 

 

 

最良の方法は…。

ゲームに対する最良の対策法は、
物心つくまえにゲームを一切与えず、ゲームに触れさせないことや、
そもそもゲーム機を買わず、スマホやタブレットも頑なに貸さないことです。

 

【中学受験】小学生にスマホを持たせるのは反対です。【結局ゲームです】

 

もちろん子供の娯楽ややりたいことはやらせてあげます。

ゲーム以外に面白いことを見つけると、
あまり見向きもせずにそのまま大人になります。

 

 

制限がおすすめです。

しかし、そうはいかないのが現実です。

 

今からゲームを一切禁止させるのは、おすすめしません。
他の子どもはゲームをしているし、子供はストレスが溜まって、勉強どころではなくなる可能性もあります。

 

だから、放課後友だちといる時だけはOKにしたり、
親もゲームをする場合は、お互いに時間を決めてその時だけ一緒にやったりと、
ある程度の我慢をさせていけば、良い感じに乗り切ることができます。

 

逆に小学生の時にちょっとゲームをやらせておけば、
思春期にゲームにドはまりする可能性も少ないです。

 

ゲーム好きな子には…?

Mario, フィギュア, 再生, 任天堂, スーパー, レトロ, クラシック, コンピューター ゲーム

 

しかし、もうゲームにある程度はまってしまい、
そこからずっと抜け出せない子供もいます。

そんな子に、ゲーム制限をきつくしても、
学習にいい効果がないような気がするのです。

 

遊ばせるのがおすすめ。

やはりこういう場合は、
「ゲームをする前に友達とサッカーをする」とか、
とにかくゲーム前に体を動かす経験をさせることがおすすめです。

 

そうすると、体が疲れているので、長時間ゲームにはまるのも難しくなります。

 

しかも、ゲーム前にあそんでいるので、
ゲーム以外の面白さも見出していく可能性も高いです。

 

現在は外で遊ぶのも難しいですが、
コロナが収まったら、ぜひ子供を外であそばせてあげてください。

 

ゲームと親子関係。

ゲームへの強い依存は、ゲーム以外に面白い事がなくなっていく
ということにつながります。

ここまできたら、緊急事態といって良いでしょう。

 

この段階に行かないように、親は色々工夫しないといけません。

かといって、強く強制すると、親子関係にひびが入ります。

 

なのでやはり注意する前に、
ゲームをする時間をしっかり決めておくのがおすすめです。

それを破ったらだめ。破らなかったら、親は何も言わない。

ということです。

 

 

親が「面白い」を提案。

さらに上記にもありますがやはり、ルールを決めて制限すると同時に、
親がゲームより面白いことを子供に提案するのがおすすめです。

これは親の役目です。

 

外にも遊べないなら、「ゲームをつくるがわ」への興味を持たせるものありです。
小学生でもプログラミングをしているケースはたまにあります。

また、他にもマンガや小説にハマるとか、
ゲームでも、何か学習につながるものをプレイするとか、色々策は考えられます。

 

【中学受験】ゲームとのベストな付き合い方を、解説します【禁止せず、嫌いにさせるべき】

 

余談ですが、本当にゲームをやりつづけてしまうというこは、
もしかしたらそこに才能があるのかもしれません。

今はゲームも十分に仕事になりますしね。

 

 

今日は、ゲームの対処法について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2021年2月15日

 

参考・引用

『中学受験に勝つ子が育つ賢い親の習慣』,松永暢史,2015

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です