【中学受験】国語で偏差値60の壁を超えるには、「記述力」がカギです。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

子供が国語で偏差値55を超えない…
どうやったら60台に乗せれるんだろう…?

とお悩みの方はいませんか?

偏差値60に行けば、国語を得意科目と呼んで大丈夫です。
そこまで行くのは、あることに気を付けたいです。

「偏差値50の壁を超えるには」

「偏差値55の壁を超えるには」

は過去記事に掲載しております。↓↓

記述です。

偏差値55から偏差値60へ行くカギ

それは

  • 記述力

です。

記述式は、難しい。

基本的に記述式は

  • 選択問題
  • 語彙・漢字

よりも、得点を稼ぐには難しいですよね。

記述問題で完全な◯がもらえず、
部分点を稼ぐだけでは、安定して偏差値60を超えることは難しいのです。

  • 説明不足
  • 分かりにくい文章表現
  • 言葉の不足

などがあれば、すぐに減点されます。

使うのは「固い言葉」です
日常で使いがちな曖昧な言語表現は許されません。

中には、選択問題はできていても、

  • そもそも記述でまったく書けない
  • 文字数が多いと手も足も出ない

という子もいます。

とはいえ大丈夫

とはいえ大丈夫です。

高得点を獲得するための記述の「型」があり、
これを完璧に身に着ければ、偏差値60も目指せます。

3つの要素があります

そもそも、記述問題の解答は多くの場合、

  • 3つの要素

で構成できます。

そこで今回は物語文の

「~という行動をとったのはなぜですか」

というオーソドックスな問題を例に見てみましょう。

1つ目は…

1つ目は、

  • 「~という行動をとったのはなぜですか」
    という問いに対する結論の部分

です。

  • 嬉しかったから
  • 悲しかったから
  • 焦っていたから

など、心情を表すフレーズを、文章内から探すのです。

高得点を取る記述は、
この一つ目のフレーズに肉付けをしていくことで、作れます。

2つ目は…

2つ目は…

  • 心情の根拠

です。

  • 嬉しかったから
  • 悲しかったから
  • 焦っていたから

この言葉に、

  • 「サッカーの試合でゴールを決めて、嬉しかった」
  • 「宿題を忘れていて、焦っていた」

という風に、
根拠を加えます。

3つ目は…

3つ目は、

  • 根拠への補足説明

です。

  • 「サッカーの試合でゴールを決めて、嬉しかった」
  • 「宿題を忘れていて、焦っていた」

これらに

  • 根拠が発生するまでの経緯
  • 具体的なエピソード

を加えます。


そうすると、

  • 「元々スタメンにも入れなかったが、毎日居残ってシュートを練習していると、
    試合中、チャンスできちんとゴールを決めれたから(嬉しかった)」
  • 「夏休みの前半に宿題をやっておけと言われたのにも関わらず、
    最後の方まで手を付けていなかったため(焦っていた)」

となります。

こういった補足説明は、

  • 〜なため(順接)
  • ~にもかかわらず (逆接)
  • ~一 方(対比)

これのどれかにつながる文が書けないかと、
文を睨むのです。

物語も、論説も。

今回は物語について述べましたが、

論説文も、

  • 結論
  • 根拠
  • 補足説明

この3要素を探すことで、

質の高い解答は誰でも作成できます。

「一応書くんだけど、減点が多くて結局全然取れないんだよね…」

そんな方は、
この3つの内のどれかがミスしている可能性が高いです。

是非記述問題を攻略して、
国語を得意科目にしてください!!

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年4月30日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です