【中学受験】国語で偏差値50の壁を超えるには、語彙と漢字の知識をつけましょう。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

子供が国語が苦手…
偏差値50をまず超えるには、何をすればいい…?

とお困りの方はいませんか?

 

国語は成績を上げるのが難しいと言われますが
偏差値50まで上げるには、そこまで難しいわけではないです。

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

 

  • 中学受験の、国語の偏差値50の壁を超える方法

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

漢字と語彙です。

 

偏差値50を超えるために、
勉強すべきこと。

それは、

 

  • 漢字
  • 語彙

 

です。

 

ここでいう語彙は、

 

  • 慣用句
  • ことわざ
  • 同音異義語

 

も含みます。

 

難しくありません。

模試の場合。

漢字と語彙をしっかり固めるだけで、
100点満点中、15~20点分くらいになります。

 

これだけ点数を上げれれば、
偏差値50の壁は、わりと簡単に突破できます。

 

 

塾の宿題を、しっかりやること。

語彙と漢字を攻略する最も王道の方法は、

 

  • 塾から出る漢字や語彙の宿題を、
    しっかりこなしていく。

 

これです。

受験生としてやるべきことをしっかりやれば、
難しい事ではありません。

 

自信が、出ます。

漢字と語彙は、

 

  • すぐ伸びる。
  • そして、点にもつながる。

 

ので、
勉強に対する自信も生まれやすいんです。

 

では、
塾の宿題以外に家庭でできることって、
どうすればいいのでしょうか??

 

 

宿題以外で、やるべきことは??

 

宿題以外で、
語彙と漢字を強化するにはどうすればいいのでしょうか?

 

  1. 親御さんの言葉遣い。
  2. 異文化体験。
  3. 6年生は、反復学習。

 

順番に説明しますね。

 

①親御さんの言葉遣い。

まず簡単にできるのは
親御さんの言葉遣いです。

 

語彙力は普段の生活が大きく関係してますしね。

 

特に重要なのは

子供に向けての言葉遣い。

 

  • かみ砕いた話をする。
  • 分かりやすく配慮する。

 

こういうことをすると、
子供に語彙力はつきません。

 

大人と話をする時と同じように言葉を選び、
分かっていなかったら、その都度説明しましょう。

 

 

②異文化体験

次に、異文化体験です。

 

中学受験をする子は、
知らない言葉に出会う機会が少ないです。

 

  • 同じような環境で過ごし、
  • 同年代の子と遊んでいる。

 

からです。

 

なので、

 

  • 普段接することのない大人と話す機会をつくる。

 

など、
プチ異文化体験をさせることも大事。

 

③6年生は、反復学習。

6年生は、
応用問題が宿題の中心となっていくので、
宿題以外での、テキストの反復学習で、やっていくほかないです。

 

おすすめの参考書はこちら。

  • 四谷大塚のまとめ
  • 日能研のメモリーチェック

です。

 

国語が苦手な方は漢字と語彙を頑張って自信をまずつけるのが
おすすめの方法です!

是非参考にしてください。

 

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年4月14日

 

 

Follow me!

【中学受験】国語で偏差値50の壁を超えるには、語彙と漢字の知識をつけましょう。” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です