【中学受験】○○してしまうと、勉強したくない気持ちが強まります。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供が家で勉強したくないってごねる…

とお困りの方はいませんか?

 

現在、コロナウイルスの影響で、家にずっといますよね。

 

宿題は出るが、
家にずっといるから気持ちが萎えてなんだかやる気がでない…

 

そんなお子様も多いと思います。

そこであることをしてしまうと、
勉強したくないという気持ちが、更に増してしまいます。

 

今日は中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 勉強したくない人は、更に勉強したくなってしまうこと

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

放置すると、嫌になります。

 

 

結論から言います。

勉強したくない人は、

 

  • 勉強を放置

 

すると、さらに勉強したくなくなります。

 

勉強以外でも、そうです。

 

これは、受験生活だけでなく、
日常生活でもあてはまります。

 

  • 皿洗い
  • 洗濯
  • 掃除

など、

「心理的にちょっときついもの」

そういう作業がありますよね。

 

勉強でも日常生活も、

「ちょっと放置する」→「さらに嫌になる」→「さらに嫌だから放置する」

こんな感じで悪循環が始まります。

「放置した時間に比例して、きつくなっていく」

これは法則です。

 

例1:苦手科目の勉強。

 

例えば、苦手科目の受験勉強。

受験生は、
無意識に苦手科目の勉強を後回しにしてしまいますよね。

 

「今日はやらなくていいかぁ」から始まり、
翌日、2、3日後などと、後回しの連続で、
どんどん重くなって取りかかるやる気が失せます。

 

そして気づいたら、
更に苦手になっています。

 

例2:プリント整理

 

次にこれ。
プリント整理です。

塾や学校から配られるプリントって、
結構多いですよね。

 

「こんなに要らないじゃん」
って思うこともあるはず。

 

プリント整理であるあるなのは、
その日に貰ったプリントを

 

  • 取っておくもの
  • いらないもの

 

に分ける作業をせず、
全て一つのファイルに突っ込んで、そのまま放置。

 

プリントをぐちゃぐちゃ入れて、
放置時間が長くなればなるほど、どんどんプリント整理したくなくなります。

 

いざ整理し始めると、
捨てちゃいけないプリントを捨てちゃったりと、悲劇が襲います。

 

 

逆に言えば…

 

この、
「放置するとどんどん嫌になっていく法則」

 

これを避けるには、

 

  • 放置する時間を短くすれば、あんまり嫌に思わなくて済む。

 

のです。

 

知らなうちに、自己洗脳。

実はこの法則。

メカニズムは、

  • 自己洗脳
  • 催眠術

と同じです。

 

ちょっときつい事をやらないと、やらない間ずっと

「あれ、やらなきゃいけないけど、やりたくないなぁ」

というマイナスの自己暗示を、
無意識に何度もかけてしまっているのです。

そうして、「嫌」という気持ちが強まってくるのです。

 

洗脳する前に、やろう!

 

なのでその自己洗脳をかける前に、

処理してしまうのが一番です。

 

今、この瞬間から、スマホやパソコンの電源を落とし、

  • やらなければならないけど、やりたくないこと。

をやっておきましょう。

 

 

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年4月29日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です