【中学受験】夏休み、国語文章題の勉強法を偏差値別に解説します。【小6】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの小6の子、この夏休みに国語の文章題のレベルを今より上げたい…!

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 夏休みに文章題の偏差値を今より上げる方法

 

偏差値別に(四谷大塚基準)話します。

是非ご覧下さい。

 

偏差値50以上を目指す子。

Several white arrows pointing upwards on a wooden wall

 

まず、国語の偏差値50以上を目指す子について話します。

 

漢字と知識問題

偏差値50以上を目指す子は、

  • 漢字
  • 知識問題

しっかり学習していないケースがあります。

まずはここの減点をなくすことが、大事です。

間違えて問題のみを書き出した間違いノートをつくって、
毎テストの前に総復習します。

 

問題に、メモりましょう。

また、偏差値50以下の子は、
時間がないので、文章を読まずに、傍線の前後をうろうろしています。

 

これを防ぐには、最初、問題文を読んだ時に
接続詞に〇をつけたり、気になるところに線を引いたりと、問題にメモをすることが大事です。

 

すぐに点数は伸びませんが、
読解を正確にすることで、少しずつ、伸ばしていきましょう。

おそらく、毎日読解の練習をしていれば、
2、3か月ほどで、効果が出てくると思います。

 

ここから逆転も、全然ありえますので、
あきらめないで頑張っていきましょう。

 

 

偏差値60以上を目指す子。

person wearing black analog watch holding white pencil

 

次に、偏差値60以上を目指す子について。
現在、偏差値が55辺りの子は、こう思っているでしょう。

 

熱意で伸びます。

この辺りの子は、ある程度は正確な読解ができるのですが、

  • 諦めが早い子
  • 自分の勉強法を変えない、頑固な子
  • 何をするにも、スピードが遅い子

など、性格や習慣が壁になって、
スムーズに伸びない方が多いです。

 

とはいえ、基礎が身についているなら、
合格への熱意が出てくるときに、子供の集中力とともに、国語力もぐんと伸びます。

熱意が湧くまで我慢して、精読のクオリティを上げていきましょう。

 

正確さをもう一声。

また、偏差値60にいけない子は、
「正確さ」があと少し、必要です。

  • 選択肢を消去するときの曖昧さ
  • 問題文の読み方の丁寧さ

これらをチェックしてください。

 

また、記述問題でも、キーワードを一つ見つけただけで安心してしまうケースがありますが
あと1、2個、得点のポイントを見つけることも大事です。

 

既に偏差値60以上の子

 

最後に、偏差値60以上ですが、
もっとレベルアップしたい子の場合です。

 

記述を上げましょう。

この辺りの子は、記述の質を上げるのがおすすめ。

偏差値60以上とはいえ、
ちょこちょこもったいない間違いが存在します。

 

これをなくすには、自分で間違いを分析させ、
「ここ、これすれば、3点上がる!」など、ポジティブな言葉で決意を書かせます。

 

もう一段、高い質の文章をつくりましょう。

「高い質」というのは、難しい語彙を使うという意味とは違く、
助詞の使い方を工夫したり、熟語を使ったりで、文章を分かりやすくさせたりすること。
ここは、プロに頼まなくても、親御さんの大人の良識で指導してもかまいません。

 

国語は勉強しづらい科目かもしれませんが、一番大事な科目です。
毎日勉強時間をとっていきましょう

 

 

今日は「偏差値別の、夏休みの国語対策」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年7月25日

 

参考・引用

早川尚子、『中学受験新お母さんが教える国語 わが子を志望校に合格させる最強の家庭学習法』、東京 ダイヤモンド・ビッグ社、2017

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です