【中学受験】テストが返却された時に、してはいけないことを話します。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

小テストや模試、テストが返ってきた時に、何を復習すればいいか分からない…。

という方はいませんか?

 

と言うのも実は、テストが返却されてきたときに、
「間違った判断」をして、子供のためになっていないケースが多いです。

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

 

  • テストが返却された時に、してはいけないこと

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

素点&安定性での判断はNG

 

結論から入ります。

模試や小テストを

 

  • 素点で判断
  • 4科目安定しているかで判断

 

してはいけません。

順番に話しますね。

素点で判断してはいけません

 

まず、中学受験をする子供の成績は
素点のみを見て判断してはいけません。

 

子どもが自宅に持ち帰ったテストの点数を見て、

  • 「100点じゃないの?」
  • 「何よ、 半分しかできていないじゃないの」

と子どもを責め立てる親がいますが、
これは大きな過ちです。

 

小学校と塾は違います

確かに小学校のテストは、平均点があまり動かないので、
素点だけで判断してもいいかもしれません。

しかし、

 

中学受験の小テストや模試は、
回ごとに平均点がかなり違うのです。

 

難しさも変わりますし、受ける学力の層も、
めちゃくちゃその時によって変わります。

【中学受験】他塾の模試も受けるべき?通ってる塾のみの模試で良い?プロが答えます。

 

見るべきは偏差値と平均点です。

なので、中学受験関係のテストは、
素点だけ見ても、何の判断材料にもなりません。

 

子どもの学力を正確に知るためには、

  • 偏差値
  • 平均点

この2つを、しっかり分析する必要があるでしょう。

 

子どもの点数が50点でも、
平均点は30点なのかもしれません。

 

逆に子供の点数が70点でも、
平均点が50点かもしれません。

 

 

「素点」が目標になります。

「素点が低い」と親から怒られ続けた子どもは、

 

  • 「もっといい点数でないと親に喜んでもらえない」
  • 「家に帰ると大変なことになる」

 

と思い悩み、

点数をとることを、最大の目的に掲げ始めます。

 

悪いことを始まります。

ところが、

問題自体が難しくて平均点が低いようなテストでは
どうすることもできません。

 

すると子どもはやがて
カンニングなど、悪いことをし始めてしまうのです。

 

4科目安定していなくてもいいです。

ジェンガ, バランス, 感度, 安定性, 不安定性, 不安定, 安定, 指, 指の爪, ゲーム, 木材

 

次に、4科目安定しているかどうかで、
子供の成績を判断するのも、まずいです。。

 

安定する子は多くない。

乱暴ないい方をすると、

中学受験をするのは所詮、
十二歳の子どもです。

 

国語、算数、理科、社会の四科目とも、
常に安定して良い成績をとれる子供は多くはありません。

科目の 好き嫌いや得手・不得手が激しかったり、

 

その日の気分でできたりできなかったり、
何をやらかすかわからない子どものほうが、圧倒的に多いのです。

 

例え御三家に受かるような子も、
理科と社会、どちらかが苦手で、ぎりぎり間に合わせるというケースもよくあります。

 

「不合格にする親」は?

 子供を不合格にしてしまう親御さんは、

そうした子どもの特性を全く理解しようとせずに、
全科目が安定してできないと気が済みません。

 

  • 「国語はいいから、苦手の理科をもっと勉強しなさい」
  • 「このままでは理科が足を引っ張り、志望校に合格できないよ」

などと

子どもの苦手科目の底上げに夢中になります。

 

負のスパイラルに陥ります。

すると子どもは
苦手科目の勉強に時間を割きますが、

苦手なものは苦手、思うように成績は伸びません。

そして苦手科目に注力するあまり、
得意科目の成績まで、下がってくるのです。

 

すると4科目全体の点数と偏差値が下がり、
更に親に怒られます。

この負のスパイラルに陥るのは、最悪です。

 

 

判断基準は…?

そもそも中学受験では、全科目の合計点で合否を判断する学校がほとんどです。

苦手科目が0点では、不合格になってしまうかもしれませんが、

得意科目で思い切り点数を稼げれば、たとえ苦手科目が最低ラインでも、
合計点で合格に届くことは充分にありうるのです。

 

なので、親が注目するべきは、
基本的に4科目全体の成績なのです。

 

今日は「テストが返ってきた時」について話しました。

今日の記事は終わりです。

 

参考・引用 小林公夫『中学受験に合格する子の親がしていること』2010

記事公開日・最終更新日 2021年2月25日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です