【中学受験】親が子供にかけてはいけない言葉を3つ話します。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供にどんな言葉をかけて方がよくて、どんな言葉をかけてはいけないか、分からない…。

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 親が子供にかけてはいけない言葉、3つ。

を話します。

是非ご覧ください。

 

3つあります。

 

親が子供にかけてはいけない言葉は、
3つあります。

それは、

  1. 「大丈夫?」
  2. 「絶対受かる」
  3. 「もっと頑張ろう」

の3つです。

順番に話していきますね。

 

1.「大丈夫?」

まず最初に、
子供に「大丈夫?」と声をかけるのは、やめておきましょう。

 

「大丈夫?」という言葉をかけるのは、
実は、親が親自身の心配を減らすための行動です。

 

「大丈夫?」と言われた子供は、
たとえ不調な時でなくても、危ないところを勝手に探して、
勝手にネガティブになってしまいます。

 

確かに受験を不安に思う気持ちは分かりますが、
そんな一言が積み重なることで、精神的にきつくなってしまうのです。

 

 

2.「絶対受かる」

次にかけてはいけない言葉は、
「絶対受かる」という、一見ポジティブな言葉。

 

親としては、何とか子供を安心させようとしますが、
実は子供にとってはプレッシャーが増すだけです。

 

子供の勉強の実情をよく知る教師が言うなら、根拠があってまだいいです。

 

しかし、親に言われると、

「合格は当然、落ちたらヤバい…」

と、マイナスなプレッシャーが強まってしまいます。

 

3.「もっと頑張ろう」

かけてはいけない言葉、最後は
「もっと頑張ろう」です。

 

中学受験業界は、ただでさえ精神を削られます。

うつ状態の人を安易に励ますのは危険なように、
「もっと頑張ろう」と言うのは、あまりおすすめしません。

 

「頑張らないとだめだ」と思えば思うほど、
空回りして、効率が下がってしまうことはありがちです。

 

 

親子の会話で大切な事。

 

そもそも、親子の会話で最も大切なことは、
子供に喋らせることです。

 

理想は3:7

親と子供、理想の喋る量としては、
3:7くらいが、丁度良いと思います。もちろん、子供が7です。

しかし、コミュニケーションが下手な親子は、
親が9、子供が1になってしまっています。

 

三者面談の時などでも、
子供に質問しているのに、我慢できずに親がべらべら喋ってしまうことはよくあります。

 

経験を語らせましょう。

ですがどうか、毎日の食事の場などでは、

  • 学校で何があったか。
  • 何か嫌なことはないか。

などを、子供自身に語らせましょう。

 

誘導しましょう。

もし、成績不振で悩んでいるとしたら、
自分の問題点を、自分で発見できるように、親が誘導してあげたいです。

 

  • 「模試は、復習のために受けるものだよ」
  • 「じゃあ、一回一緒に考えてみようか」

などなど。

 

すると子供は、

  • 「図形がどうやら苦手だな」
  • 「漢字を先に解いておけばよかったな」

などなど、
問題点とその対策を勝手に見つけ出します。

 

親がコーチになりましょう。

中学受験は、まだ10歳前後の子の挑戦なので、
勉強の勧め具合の管理が、とっても難しいです。

 

そこで親は、そんな勉強の勧め具合を一緒に調整する、
コーチのような役割を果たすのが、おすすめです。

 

もちろん、親の言葉は全てが悪いわけではなく、
上手くコーチングしていけば、子供のやる気も成績も上がって行くのです。

 

今日は、「親がかけてはいけない言葉」について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年10月21日

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です