【中学受験】習いごとをやめる時に、考えておくべきことを話します。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

受験の為に、そろそろ習い事をやめさせようかと思っているけど、まだ悩み中…。

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 習いごとをやめる時に、考えておくべきこと

 

を話します。

是非ご覧ください。

 

子供と話し合いましょう。

 

習い事をやめることは、
始めることよりも、判断に悩むことです。

色々と悩むのは、当然です。

そんな重要な決断をするときは、親が一人で決めるのではなく、
時間をかけて、子供とよく話し合いましょう。

 

話し合いましょう。

もし子供が、「親に勝手にやめさせられた」と、
思ったのなら、その後、受験勉強に集中できるはずがありません。

 

なので、辞める時には、
子供と色々話し合う必要があります。

 

大事なことは3つ。

  • 何のためにやめるのか。
  • そのやめた時間は、何に使うのか。
  • やめることが、必要なのか

 

上記3つを話し合うなかで、親子ともども、
心の整理をしていきます。

 

 

細かい事も考えましょう。

上記3つの他にも、

 

  • そもそも、中学受験の勉強に、どれくらい時間が必要なのか。
  • 受験が本格的になるのは、いつからか。
  • 習い事をやめたら、その時間は勉強にあてられるのか。
  • 辞める以外の方法は何かるのか。
  • 休会など、一時的にやめるみたいなことはできるのか。
  • 回数を減らしたり、時間を短くしたりはできるのか。

 

こんな細かいこともしっかり考えましょう。

 

 

前向きにやめましょう。

 

また、やめる時は、
あくまで「前向きに」やめることが大事です。

 

 

今はやらない。

前向きにやめる時に必要なのは、ある言葉を使いましょう。
それは「今はやらない」ということ。

 

もし、やめるときに「やめる」と言うと、
何だか何かを諦めるような気がして、マイナス思考につながります。

 

しかし、「今はやらない」と言うと、
子供が自分で決断して、何か新しいことを頑張るという意味合いが込められており、
前向きに勉強にむかえます。

 

同じ行動でも、
言葉の使い方ひとつで、気持ちは大きく変わってきます。

 

 

空いた時間は、何に使う?

また、やめると決断した時は、
そのやめたことで空いた時間を何に使うのか、具体的に考えておくことが求められます。

 

やめる前に決めなかったら、
ちょっと気の緩みが起きて、結局受験勉強もおろそかになった。

そんなケースもよくあるのです。

 

 

勉強の為に、やめる。

「今は勉強。そのために、習い事はやめておく」

こんな選択のしかたであれば、

前向きな気持ちで、覚悟も起き、その後の勉強も気合を入れてできるのではないでしょうか?

 

今日は「習い事」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年9月30日

 

参考・引用

『合否は二の次中学受験』,江藤真規,2011

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です