幼児期にさせるべき、おすすめの習い事を話します。【中学受験】【教育】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供が幼児期の内に、何かさせるべきおすすめの習い事は何だろう…

と疑問を持たれている方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 幼児期にさせるべき、おすすめの習い事

について話します。

是非、ご覧ください。

 

好きなものがおすすめです。

person holding red and white hear button

 

幼児期にさせたらいい習い事は、一体何でしょうか。

 

ほとんど自己満足

最近の子どもたちは…

  • 英語
  • そろばん
  • ピアノ
  • バレエ
  • サッカー
  • プログラミング

などなど、
多様な習い事があり、2つ以上かけもちしている子も、よくいます。

 

しかし、そのほとんどどれもが、

 

子どもが好きで習っているのではない場合、
親の自己満足で終わり、子供に何の得もないという結果に終わります。

 

子供が好きなものを。

子供の将来的な仕事のスキル、学力に役立てるなら、

 

習い事は、

「子供が好きなもの」に尽きます。

 

子供は好きなものしか、集中して取り組めません。

 

これらは、中学受験をする・しない関係なく共通しています。

 

もし、本当はそろばんの方が好きなのに、
ひたすらよく分からない英語の勉強をさせられている…。
そして、宿題をやっていないと、ひどく怒られる…。

 

こんな状況なら、絶対子供は英語嫌いになります。

 

没頭は、未来につながる。

 

「好きなことで、没頭する」

これができた子は、将来、大きく伸びます。

 

もし学力的、成熟度的に、中学受験に向いていなくても、
高校受験、大学受験では、必ず役立ちます。

 

抜かされるケースがあります。

小さいころから、スケジュールびっしりの習い事をこなし、
強制的に「できる子」になった子。

 

こういう子は、10歳を過ぎたあたりから、燃え尽きてしまい、
一気に周囲に抜かされることがよくあります。

 

何でもいいです。

  • 鉄道
  • 野球
  • かるた

などなど、、

子供が好きで没頭できるものに、大人が付き合ってあげる。

また、子供が没頭できる環境を、親が用意してあげる。

これを、おすすめします。

 

親にかかっています。

子供を伸ばすのは、

「何の習い事をするべきか」より、

「親のはたらきかけかた」にかかっています。

 

子ども、特に幼少期は、自分の体を動かすことによって脳が成長していきます。

その点を、日常の中でも気を付けてみるのをおすすめします。

 

もちろん、

親がたまたまやらせた習い事が大当たりして、
子供が没頭したら、それを好きなように続けさせればいいだけです。

 

何に子供が興味を持つかは、人それぞれ。

何をすべきかではなく、
何が子供が好きかを、親がしっかり見ていくことが大事です。

 

今日は「習い事」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年8月6日

 

参考・引用

『中学受験6年生の親がすべきこと』,安浪京子,2018

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です