【中学受験】模試で一喜一憂する経験は、後で役立ちます。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

毎回の模試やテストでどうしても一喜一憂してしまう。。

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 模試で一喜一憂する経験は、後で役立つ

 

という話をしています。

是非ご覧ください。

 

一喜一憂は当たり前。

 

「テストに一喜一憂するな」
とよく言われますが、それを真に受ける必要もないと思います。

 

心を乱されます。

どんな結果でも、発表されるたび、
心がざわつき始めますよね。

 

悪い結果ですとイライラし、
いい結果でも、間違えたところに目をつけてしまいます。

 

前回より偏差値が上がっていても、
「ここ昔復習したいんだから、間違えちゃダメでしょ」
と、文句をつけてしまいがちです。

 

逆にストレス、溜まります。

「なるべく心を乱さないようにしよう」
と思っていても、逆にストレスが溜まってしまいます。

それはもうしょうがない。

一喜一憂しても、
それを子供にぶつけないことが大事なのです。

 

怒ることが、習慣化する?

もしかしたら、

テストを見るとイライラすることが
既に習慣化している可能性があります。

 

すると子供も怖くなり、

テストを見せると何か怒られるのではないかと、
テストを捨てたり、見せなかったりする可能性も出てきます。

 

一工夫しましょう。

やはり子供にイライラをぶつける前に、
一工夫するのが大事です。

 

  • イライラしたら一回寝る。
  • 子供の前で模試の結果を見ない。

 

などなど、少しの工夫で、大分変わります。

 

強い心を、つくります。

成績がいい時もあれば、
悪い時もある。

 

塾に入っているからといって、右肩上がりなわけではないことは、
よく分かっていると思います。

 

それらの経験はメンタル的に疲れますが、
結局それが強い心を作ります。

 

一度凹んだメンタルを、どう立て直してくか。

この繰り返しが、メンタルの強化につながります。

 

 

成績落ちるの、大事です。

 

そもそも、成績が落ちることは、
受験にとって必要です。

 

けいご君の例。

数年前担当していたけんご君は、
かなり偏差値的にはいい調子で勉強していましたが、

1月校の第2志望に不合格してしまってから、
ひどく落ち込んでしまいました。

 

そこから立ち直って勉強するかと思いきや、
中々その気になれません。

 

結果、第1志望に合格することはなく、
第3志望に入学しました。

 

波が無かったのです。

彼は、成績的には優秀でしたが、
成績が落ちた「波」の経験がなかったのです。

そういう子ほど、一つの「波」で
大きく心が揺れてしまいます。

 

模試で一喜一憂するのは疲れますが、
受験直前までにあるていど経験するのをおすすめします。

 

悲観するのはNG。

また、親としても、子供の成績が芳しくない時に、
悲観しすぎてはいけません。

 

「この浮き沈みはやがて、子供の役に立つ」
と思って、冷静になることが大事です。

 

 

 

今日は「模試での一喜一憂」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年9月17日

 

参考・引用

『最強の中学受験』,安浪京子,2018

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です