【中学受験】どうしても難関校に行きたがる子に、どう言えば良い?

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供が偏差値が全然足りないのに、
難関校に行きたがっている…。

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • どうしても難関校に行きたがる子には、どう接したらいいか。

について話します。

是非ご覧ください。

 

2つのケースがあります。

 

偏差値が足りないのに、
現実的にはありえないような難関校に行きたがる子は、よくいます。

親としては、「そこまで欲張らなくてもいいのに」と思っているのに、
子供としては、目標だけは絶対下げない…。

 

こんな時、どういってあげたらいいのか、困りますよね。

 

2つのケースがあります。

それには、
2つのケースがあります。

 

  1. 親に認めてもらいたい。
  2. 本当に、その学校に行きたい。

上記の2つです。

この2つ、どちらかなのかを、
よく考えることが必要です。

 

①親に認めてもらいたい。

ペンギン, 皇帝ペンギン, 赤ちゃん, 母, 親, 南極, 生活, 動物, かわいい, 氷, 冷, 野生

 

後者のケース、つまり親のために難関校に行きたいと言っている場合も
実はよくあるのです。

 

親が大好きが故に…。

子供は意外にも

  • お母さんに褒めてもらいたい。
  • ここに落ちたらお父さんにがっかりされてしまうかもしれない。

と、親を意識して勉強をします。

 

子供は親の事が実は大好きで、
親に認めてもらいたいのです。

 

話をしましょう。

そんな時は、まずは子供の真意を聞きだすのがおすすめです。

 

テキトーな会話で済まさずに、
しっかりと子供と向かい合って、子供の言葉を全部聞いてあげるつもりで、
子供と会話の場を持つべきです。

 

優しく聞きましょう。

決して厳しく問い詰めるのではなく、

「どうしてここに行きたいと思っているの?」
と優しく聞いてあげましょう。

 

また、

  • 「お母さんは○○君にどうしてほしいと思う?」

と聞くのもいいでしょう。

 

そして

  • 「私は○○君が行きたいところを目指せばいいと思う」

と、しっかり伝えてあげましょう。

 

他の学校も見ましょう。

また、その会話の中で、
他の学校のパンフレットなど見せて、子供の視界を広げてあげるのも大事です。

 

②本当に、その学校に行きたい

 

次に、「本当に、その学校に行きたい」ケース。

小さな目標を置きましょう。

この場合、

「その学校に合格する!」という大きな目標を掲げると同時に、

小さな目標をいくつも立てておき、
それを一つずつクリアしていくのがおすすめです。

 

今何ができるのか。

大きな目標が一つあるだけでは、
ぼんやりとして、やる気が出ません。

 

そこに至るために、「今何ができるのか」を
決めておくことが大事なのです。

 

具体的に、決めましょう。

小さな目標は、

  • 次の模試で算数の偏差値5上げる。
  • 毎日国語の文章題を1つ解く。
  • 毎日○時間勉強する。

など、具体的に立てましょう。

 

それを立てれれば、
本気で志望校に向かって頑張ることができます。

 

やる気を高めましょう。

もし、志望校を高く持った我が子に対して、
「そんなの無理でしょ」
と一掃してしまっては、子供はそこでやる気をなくしてしまいます。

 

そこは否定せずに、

「受かるために、現実的にどうすればいいか」

を考えて、やる気アップを目指しましょう。

 

今日は「難関校に行きたがる子供」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年9月16日

 

参考・引用

『合否は二の次中学受験』,江藤真規,2011

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です