【中学受験】やる気に左右された勉強は、おすすめしません。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供に毎日コツコツ勉強させるために、何か気を付けることがありますか?

と疑問を持たれている方はいませんか?

 

毎日コツコツ勉強させるためには、
裏を返せば、やる気によって勉強具合を左右させないことが大事です。

 

そこで今回は中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • やる気に左右された勉強をおすすめしない理由

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

生活リズムを優先させましょう。

 

高学年になったら、たとえ少し体調が悪くても、
10分でも1題でもいいから、毎日勉強するのが理想です。

「その大切さがわかるので、毎日勉強をさせたいと思いますが、
何か気をつけることはありますか」

といった質問を受けます

 

もちろん、ちょっとしたコツが必要です。

 

調子よりも生活リズムを!

「今日は調子いいなあ。もう少しがんばる!」
と子どもが言ったら、どうしますか。

 

子どもの意欲的な態度を見て、
親はうれしく思います。

 

そのためつい
「そっかぁ、じゃあ今日はもう少しやろうか」。
おそらくこんな返事をする親が多いことでしょう。

 

これはいけません。

 

これは、裏を返せば
「今日はやる気がしないから、やらない」
を容認すること になります。

 

調子がよかろうが悪かろうが、生活のリズムを守ることが大切です。

気分に左右された勉強は、おすすめしません。

 

 

翌日のパワーを意識しましょう。

本, カレンダー, 紙

 

先ほどの子どもの発言に対しては、
「続きは明日にしましょう。それよりもう寝なさい」
と答えるのがベストアンサー。

 

実は、本人がやる気を見せているときが、
思わぬ落とし穴になるのです。

 

次の日に、響きます。

もし、調子がいいからと、勉強を続けたとします。

調子がよくても疲れないわけではありません。

寝る時間も遅くなります。

 

そうすると、次の日に影響します。

 

次の日は、疲れが出てやりたくなくなってしまうかもしれません。
昼間、学校や塾で居眠りをしてしまうおそれも出てきます。

 

また、

「もっとやりたい」と思ったところでやめるからこそ、
翌日に取り組む意欲がわいてきます。

 

子ども自身が

  • 「面白い」
  • 「もっとやりたい」

と感じたところから始めるのですから、すぐに集中できます。

 

 

 

 

ぜひ参考にしてください!

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年6月17日

参考・引用
2016『中学受験で成功する子が10歳までに身につけていること』村上綾一

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です