【中学受験】算数で偏差値60の壁を超えるには、応用問題に挑みましょう。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

子供が算数、苦手じゃないんだけど、
何とか偏差値60まで行かせたい…

と思われている方はいませんか?

算数で偏差値60まで行ければ、得意科目と言って大丈夫。

そして算数が得意になってしまえば、中学受験には超有利です。

そこで本記事では中学受験業界に10年携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

  • 中学受験の算数で、偏差値55の壁を超える方法

について話します。

是非ご覧ください。

応用問題が、カギです。

偏差値55以上、60以上の生徒は、

  • 応用問題に挑む

ことが重要です。

偏差値60に行かない人は…

偏差値55には行くけど、偏差値60に行かない人は、
こんな特徴があります。

  • 「できる子」のグループにいる。
  • 基礎問題はほぼ完ぺきにできる。
  • でも何か「壁」を感じている。
  • もっと上に行きたい。

こんな感じです。

こういう子には、

「応用問題」

を解くのが一番です。

応用問題と言うと、凄い難しく見えますが、

多くは、「基本問題の延長」で解けます。

差はどこでつくの?

では、

  • 応用問題を解ける子
  • 応用問題を解けない子

の差は、どこにあるのでしょうか。

それは、

  • どの基礎問題の延長なのか

に気付くかどうかです。

例えば…

例えばこの問題。

A~Dの4人がテストを受けたところ、Aが88点、Bが65点、Cが45点でした。また、Dの点数は4人の点数より、4.5点高くなりました。Dの点数は何点でしょうか?

平均点の問題です。

偏差値60に行ける人はこれ。

面積図を使った問題の応用かな。
まずは図を書いて考えてみよう。

一方、偏差値60に行けない人はこれ。

これ見た事ないんだけど…どうやって解くのこれ?

こんな感じです。

基本問題と同様に面積図を使って解くものですが、

「わかっている数」と「まだわからない数」
の組み合わせが基礎問題とは、
ちょっと違っていること、

「ABC3人の平均点を出す」というひと手間がかかるというだけで、

正答率はめちゃくちゃ下がります。

とはいえ

「一見難しいように思えるけど、
こことここの分野を組み合わせたらいいよ」

を言ってあげれば、
意外と正答率は基本問題並みに上がります。

演習量を、増やしましょう。

応用問題をしっかり解けない原因は、

  • 「基礎問題の活用」

の経験が少ないことにあります。

演習量を、増やしましょう。

よって対策としては

応用問題の演習量を増やすのが一番です。

塾で使われている問題集、市販の問題集で、
普段宿題にも出ない、応用問題にもがっつり取り組みましょう。

実際の入試問題を解くのもOKです。

なるべく本番に近い問題が多く収録されているものを選ぶのが良いです。

応用問題は塾の宿題になってないケースもあり、
塾の宿題にプラスする形になります。

なので、演習量は本人の余力に応じて加減してください。

何をしないかも、重要です。

もし、
基本問題が完璧に仕上がっているレベルの子の場合、

何もかもやみくもに解くのではなく、
「何をしないか」ということも重要です。

場合によっては、


塾の復習を多少削っても構いません。

模試の解き直しでも、
正答率50パーセント前後の問題への復習の時間はするにせよ早めに終わらせ、

普段はあまり時間をかけない、正答率20%ぐらいの難しい問題にチャレンジするのもありです。

少しずつ、少しずつ。

偏差値60前後になると、
一気に成績を上げるのは難しいです。

工夫や努力を重ねて、少しずつ、
モチベーションと実力を上げていくイメージを持ってください。

筋トレで少しずつ重さを上げていくように、
マラソンで少しずつ走る距離を増やしていくようにです。

偏差値60まで行くと、模試を受ける時に余裕が出てきます。

ぜひ、偏差値60まで行って、算数を得意にしてください!

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年5月2日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です