【中学受験】卒業生から聞いてみた。関西難関校(灘・四天王寺・甲陽)、それぞれの特徴とは?

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

中学受験で関西の中学校に行かせたいと思っているけど、
学校の特徴がまだあまり分からない…

そんな方はいませんか?

 

現在、コロナウイルスの影響で、
学校説明会などに行きにくい時期ですね。

 

そこで、昔教えていた生徒で

  • 四天王寺
  • 甲陽

に行っていた生徒から、各校の特徴を聞きました。

 

今回は、中学受験に10年以上携わってきた、
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 関西の難関中学(灘・四天王寺・甲陽)の特徴

について話します。

是非ご覧ください。

 

灘中学校

日本最強の進学校はどこ? 灘校の広すぎる廊下|出世ナビ|NIKKEI STYLE

 

まずは灘中学校。

2018年卒の、東京大学文化一類3年生の生徒から聞きました。

 

文化祭がすごい。

その子が灘中学を志望した理由は、

 

  • 文化祭

でした。

 

  • 部活ごとにつくった高クオリティのゲーム
  • 鉄研のジオラマ
  • 数学研究部の研究発表

といった、
濃い内容の展示が行われます。

流石、最難関校。

どれもクオリティが高く、アカデミックな雰囲気を感じます。

 

部活が熱心。

いざ入学するも、勉強一筋の人は少なく、

「部活熱心」

な人が多い様子。

 

部活だけでなく、趣味に没頭する人もいました。
その幅はとても広く、

 

  • プログラミングで賞を取って、ホワイトハッカーとして活動している人
  • 数学オリンピックにチャレンジしている人
  • 戦地の遺骨収集プロジェクトに参加している人

こんな人もいました。

先生もその活動も応援してくれています。
先生の方からもちかけられることも。

 

先生のレベルが高い

勉強においては、
先生のレベルが高いです。

研究の世界にいた方が多かったので、流石灘、と言ってもいいでしょう。

 

例えば数学の先生は

問題集の解答よりも美しい、手順の少ない解法で問題を披露していました。

 

生徒も生徒で授業後、みんなで、

  • 「これ、どうやって解いた?」
  • 「こうやった方がもっと綺麗に解ける」

なんて話しています。

 

受験準備は、高2から。

本格的に受験準備に入るのは、
高2ころが多いです。

 

とはいえ、

ずっと東大A判定の天才タイプの子がいるので、
もっと遅い子もいます。

最近は、海外大学に進学する人も出てきました。
中には、ハーバードやイェール大にいう人も…!

 

四天王寺中学

四天王寺中学校・高等学校 - Wikipedia

 

次に、四天王寺中学です。

2016年卒、東京大学理科二類卒業生から聞きました。

 

医学に強いイメージ。

四天王寺高校は、

関西では、

 

  • 医学部に強い

そんなイメージがある学校。

 

実際、その子がいた期は、1学年12クラスのうち、

  • 文系が4クラス
  • 理系が8クラス

の割合で、理系クラスの3割程度が医学部志望でした。

 

「医学コース」なるものは当時はありませんでしたが、
その道に進むつもりの生徒が多かったです。

 

面倒見のいい教育。

教育は面倒見のいい学校です。

 

  • 毎週行われる英語の小テスト
  • ガッツリ記述式の国・数のテスト
  • 丁寧な添削

などなど、先生の指導はしっかりしています。

 

それ以外にも、

  • iNOTE

という、 読書記録や講演会の感想、自分の意見などを書くノートがあり、
小論文を書く練習にもなりました。

 

学校と塾の両立

宿題も大変でしたが、
以外にも多くの子が塾に通っていました。

学校と塾の両立をしっかりできている生徒です。


ちなみに、医学部志望の子たちは不合格になっても、
70%くらいが浪人を選択して再チャレンジしていました。

 

ハードな勉強ですが、くらいついていけば、
しっかりいい大学に進学できる学校です。

 

甲陽学院

甲陽学院中学校・高等学校 | shigaku.net

最後に、甲陽学院です。

2017年卒東京大学文化一類の生徒に聞きました。

 

中高で、雰囲気違う。

甲陽学園は、

 

  • 中学と高校で、雰囲気が違う

のが、特徴です。

 

  • 中学→制服、携帯禁止、持ち物検査
  • 高校→校則ほぼなし、宿題ほぼなし

こんな感じ。

そもそも中高で校舎も最寄り駅も違うんです。

一般的な中高一貫校とは違うかもしれません。

 

中学で勉強リズムやルールを教え、高校で独り立ちさせるイメージですね。

 

受験は高3の10月から。

受験本格モードに入るのが、
高3の10月からです。文化祭が終わって、受験へ目が行きます。

 

90%の生徒が塾に通っています。

合格は塾のおかげという人もいますが、
授業の質もけっこういいと思います。

また、多くの生徒の目標は国立トップ大学なので、
浪人する人も比較的多いです。

 

 

是非参考にしてみてください!

 

今日の記事を終わります。

記事公開日 2020年5月3日
記事更新日 2020年5月5日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です