【中学受験】塾の丸投げはNGです。学力がつくのは、家庭です。

ピンキーは誓う, お友達と, ピンキー約束, 友情, 手, 愛, Bff, 親友たちです

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方は、

子どもを塾に通わせていると思いますが、
塾での勉強のみで、安心してはいませんか?

もしそうであるなら、それはかなりまずいです。。

そこで今日は中学受験業界に10年以上携わってきた、
プロ家庭教師Edenの居村が、
塾の勉強と、家庭の勉強について話します。

知識の定着は、家庭学習にかかっています。

小学校に入学して三年くらいが経ち、
中学年にもなると、勉強も本格的に始動します。

塾に通い始める子供も多いでしょう。

もちろん、
塾に通うのは構いませんが、


「塾に行っているからもう安心だ」
この考えは、まずいです。

塾への丸投げは、まずいです。

なかでも一番マズイのは
「塾への丸投げ」
です。

そもそも塾にいる時間は、
たかだか週に六時間から八時間くらいです

学力がつくのは、家庭です。

実際のところ、
子どもの学力がつくのは塾ではなく、家庭です。

塾というのは、勉強の「仕方」を学ぶところ。
そしてそれを定着させるのが家庭なのです。

なので、
「うちの子は塾で勉強してるから大丈夫」
という考えは、間違っています。

「塾で勉強している」
というのは「前提」の話なのです。

家庭における勉強と、
学校や塾での勉強が両立してこそ、成績アップが可能なのです。

安易な雰囲気は、極力NGです。

flat screen television displaying Netflix logo

そこでやはり、
多くの家庭でつまずくのは、
テレビやゲームとの付き合い方のようです。

安易な雰囲気だと、流されます。

「やりたいゲームがあるなら、やってもいいよ
勉強はその後にでもしようか」

こんな雰囲気が家庭にあるとしましょう。

すると子どもは必ず安易なほうに流れます。

そして結局どうなるか?

勉強をテキトーに済まします。

テレビを見過ぎたり、ゲームをやり過ぎたりして時間がなくなり、
勉強なんか、全然やらない。

一日の中で、子どもが勉強に費やせる時間は限られています。
ここに思い切りテレビやゲームを毎日持ってきていたら、

塾の復習どころではないですよね。

早い時期から悪いと、まずいです。

特に、低学年、中学年ぐらいの早い時期から

前述したような、
悪い習慣を身につけてしまうと、
それを直していくのは大変です。

いよいよ小5、小6になったときには手遅れ、
そんなことにもなり得ます。

こうした状況を避けるためにはどうすればいいのか?
やはりまずは、親が徹底して、子供の生活を管理する必要があります。

遊ぶときは、ルールを決めましょう。

six white sticky notes

では、
具体的にどのように指導する必要があるのでしょうか。

まずは、テレビ、 ゲームとの付き合い方に、
一定の「ルール」をつくることです。

例えば…

例えば、
「テレビは必ず宿題を終わらせて、この時間から見る」
「ゲームは一日30分」

など、約束をして、必ず果たさせましょう。

ガチガチじゃないけど、守らせましょう。

ただし、
テレビ、ゲームとの付き合いは毎日のことですので、
最初からガチガチの約束事にしなくても結構です。

その一方で、
子どもでも守れる範囲の約束をしたら、それについては守らせる。

これは絶対です。

最低限「これだけはやりなさい」ということを決めたら、
それは何があっても絶対に守らせましょう。

親も、約束を守りましょう。

これを子どもにしつけるには、当たり前ですが、
親の生活も、いいかげんにはできません。

親が約束を破ると、
子どもは見ているので、指摘してきます。

「お母さんだってやってるじゃない」
と言われたくないですよね。

その辺りは親も、
日常生活をきっちり正していく必要があります。

中学受験は親の受験でもあります。

受験勉強は子どもだけがするわけじゃない。
基本的に中学受験というのは、父親、 母親の受験でもある。

これはもちろんのことなのです。

結論です。

家庭でも、ある程度厳しくしましょう。

今日の記事は終わりです。

お知らせです。

ついに、
4000ダウンロード突破した
「中学受験の赤本」📕

「今までの受験勉強とは全く違うアプローチで目からウロコでした」
「旦那や息子にも読ませて、勉強させます」
「成績が悪い理由がわかりました!」

など毎日嬉しいメールが止まりません📩😊

1人でも多くの方に読んで欲しい内容です♪
もうすぐで無料ダウンロードの期間が終了しますので、
今すぐチェックしてくださいね😊


記事公開日・最終更新日 2019年12月2日

参考図書
須野田誠『なぜ、「ふつうの子」がグングン伸びて難関校に受かるのか?』2008

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です