【中学受験】勉強のやる気が出ない子の対策を教えます。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの子、親が見ているところでは勉強するんだけど、
目を離した途端に遊び始めちゃう…

という方はいませんか?

親が見ていないところでは勉強しないということは、
本心では勉強を楽しめていないということ

そこには、何か原因があるはずです。

でも、大抵の親は、
子供がやる気を失う時に発する「危険信号」に気づけていません

その「危険信号」をいちはやく察知して、
対策を打っていくことで、
自分から「勉強したい!」と言える子を育てることができます。

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

  • 子供がやる気を失う4つの危険信号
  • 今のやる気は「未来」につながる

についてお話しします。

ぜひご覧ください。

4つの危険信号

テレビ・スマホに走る

目を離したすきに、
子供がテレビやスマホに走る…。

そこには何か原因があるはずです。

テレビやスマホなどの特徴は、「受け身」の娯楽であること。

一方的に情報を与えられて楽しむ「受け身」の娯楽しか周りにない状態なので、
そこで憂さ晴らしをするしかないのです。

このような危険信号が出た場合、
おすすめの対策は以下の通りです。

  • 子供の周りに本を十分に置く。
  • テレビの視聴時間やインターネットの使用時間を制限する。
  • 子供を色々な場所に連れていく。

「本を読む」、「足を運ぶ」、
これらはどちらも「能動的」な娯楽です。

受け身の娯楽の代わりに、
「自分の頭で考える」「自分の足で動く」楽しさを教えることが、
テレビやスマホの習慣を断ち切るベストな方法です。

成績にストレスを感じる

子供が成績にストレスを感じている…。

人は「嫌なもの」に対しては「考えたくない」生き物なので、
成績にストレスを感じる子は、
自然と勉強から目を背けるようになっていきます。

そんな時、チェックするべき項目があります。

  • いつも「勉強しろ」「いい成績をとれ」と言っていませんか。
  • 成績が悪かった時、ひどく叱りませんでしたか。
  • 学校でいじめを受けていませんか。

これらの傾向に気づくだけでも、
状況は大きく改善されます。

その後は、以下のような対策を行なっていきましょう。

  • 成績で子供を叱らない。
  • 学校で起きていることを子供に尋ねる。
  • 「何があっても親は子供の味方」であることをさりげなく伝える。

宿題が嫌い

宿題が嫌いになっていく子は、
「負のスパイラル」にはまっている子が多いです。

「基礎学力がない」

「わからない」

「楽しくない」

「勉強しない」

「ますますわからない」

このような場合、いくら「宿題しなさい」と言ったところで、
負のスパイラルにはまっていくだけです。

その代わりに、
負のスパイラルから抜け出す手伝いをしてあげましょう。

  • 「宿題をしろ」と口うるさく言うのをやめましょう。
  • 「どこからわからなくなったのか」を一緒に探し当てましょう。

自分の考えが言えない

算数の計算問題や、社会の知識問題はできるのに、
なぜか国語の読解問題が苦手…。

このような場合、一概には言えませんが、
子供の日常生活に「自分の考えを言う」機会が足りていない可能性があります。

「別に国語の読解で成績が取れなくても大丈夫」
と割り切るのもありですが、
「自分の考えを述べる」機会を持つことは子供のやる気に直結します。

また、国語の読解力は全ての科目の基礎になるものなので、
ここを怠っていると、全教科で痛い目を見ることになりかねません。

学んだ知識は、アウトプットして初めて
お子さんのものになります。

学校や塾から帰ってきた際、

  • 「今日はどんなことを勉強したの?」
  • 「その授業を受けてあなたはどう思った?」

などと、質問してみましょう。

今のやる気は「未来」につながる

自分から学ぶ姿勢

子供が勉強にやる気を感じていない…。

この症状は、「成績が上がらない」「テストで点数が取れない」
といった悩みよりはるかに深刻です。

しかし、上で述べた四つの危険信号を敏感に察知して
対策を打っていけば、必ず乗り越えられます。

そして勉強にやる気が出るようになれば、
中学受験の後も、「自分から」勉強できるようになります。

テストがなくても、友達みんなが遊んでいても、
自分は勉強が楽しいから学び続ける…

その学習態度を身につけたお子さんは、
どこに行っても自力で道を切り開いていけます。

「勉強=楽しい」という認識を幼い頃に作っておくことは、
お子さんの人生にとって一生の宝物になるでしょう。

「与える」より「引き出す」

子供が勉強にやる気を感じていない理由。

それは、上で見てきてわかった通り、
「子供の意見に耳を傾けない」環境に原因があります。

「子供のため」と思って与えているつもりが、
ひょっとして子供の自発性ややる気を奪っているかもしれない…。

そんな時、意識すべきキーワードは、
「引き出す」という言葉。

もともと、「教育」を意味する「エデュケーション」の語源となった
ラテン語の「エデュカーレ」は、
「引き出す」という意味を持っていました。

子供の持っている良い性質を、
「信じて」、「引き出す」のには、勇気が要ります。

でも、歴史上で偉人と言われる人々の母親は、
みんな「超」がつくほどの「親バカ」でした。

例えば、イエス・キリストを産んだ聖母マリアも、
大工を継がずに放浪している息子をずっと信じ続けた「親バカ」だったと言えます。
(ユダヤ人の間では有名なジョークだそうです。)

「塾に通わせよう」「教材を与えよう」といった親の「与える姿勢」の背後に、
「うちの子、ほっといたら何をしでかすかわからないから」という不信感があるなら、
それこそ子供のやる気を削いでいる原因かもしれません。

子供を信じましょう。

親が子供を信じた分だけ、
子供は大きく育っていくのです。

今日は「勉強のやる気が出ない子の対策」について話しました。

ぜひ参考にしてください。

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2021年3月14日

参考・引用

『「与える」より「引き出す」! ユダヤ式天才教育のレシピ』アンドリュー・サター, 2010

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です