【中学受験】国語の読解力がない子を伸ばす3つのルールとは?

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

国語の読解力が伸びなくて、
どう対策していいかわからない…

という方はいませんか?

国語は「センスの科目」と言われることも多く、
「国語力を上げるには、とりあえず本をたくさん読むしかないのかしら」と思っている方も多いはず。

しかし、読解力を伸ばす方法は確実に存在します。

論理力の基礎になる「三つのルール」を教え込むことで、
「不安定の原因」だった国語の読解問題が、「頼れる味方」に変わります。

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

  • 読解力にルールは存在します。
  • 読解力がない子を伸ばす「三つのルール」

についてお話しします。

ぜひご覧ください。

読解力にルールは存在します。

国語はセンスの科目?

「そもそも、国語の読解問題にルールなんてあるの?」

「センスの科目」とも言われる「国語」には、
様々な誤解がつきまとっています。

「センスの問題なら、諦めるしかないのかな…」

そう考えてしまうのも、当然でしょう。

しかし、読解問題には、算数の世界の「公式」と同じく、
客観的なルールがちゃんと存在します。

そのルールを知っているか知らないかで、
成績に大きな開きが出てくるのです。

国語は「論理の科目」

センスの科目でないなら、国語は何の力を問う科目なのでしょうか。

その答えは、「論理の力」です。

古代ギリシアの時代以来、「論理学」は学問の重要な柱の一つでした。

論理力の目的は二つあります。

  • 自分の考えをはっきりと人に伝える。
  • 人の考えをはっきりと受け取る。

このどちらの力も、人間として生きていく上で欠かさないスキルです。

そして、この力を正しい形で伸ばせば、
「読解問題」の点数も確実に伸びるのです

読解力を伸ばす「三つのルール」

「論理の力を鍛える」と言っても、具体的にどんな訓練をすればいいのでしょうか?

残念ながら、教科書の内容の理解に重点をおく学校の授業では、
論理力の鍛え方を教えてくれません。

しかし、以下の三つのルールにしたがって
ちゃんとした訓練を積めば、
読解問題で点を取るための力が必ず身につきます

【ルール1】言い換え

最初の鉄則は、「言い換え」です。

国語の読解問題で典型的なパターンをいくつか見てみましょう。

  • 「傍線部を60字以内で説明しなさい」
  • 「15字以内で抜き出しなさい」
  • 「ア〜オの中から選びなさい」

実はこれらは全て、
「言い換える力」を試している問題です。

私たちは通常、何かメッセージを伝える際、
様々な形に「言い換える」ことで説得力を高めます。

国語の問題に出てくる文章は、
簡単に言ってしまえば「言い換え」のカタマリです。

しかし「言い換える力」は、
普通に日常生活を送る中ではなかなか養われません。

「言い換える力」は、

  • 「つまり」(具体→抽象)
  • 「たとえば」(抽象→具体)

の二つの言葉を使う訓練をしていくことで、
メキメキ伸ばしていくことができます。

【ルール2】比較

次に大事な能力は、「比較する力」です。

比較する力とは、簡単に言えば

  • AとBの共通点と相違点を比較して、
  • どちらかを選択する

力のことを指します。

これを鍛えることで、

  • 論点が整理しづらい読解問題
  • 自分の意見が問われる記述問題

の点数が飛躍的にアップします。

この際、大抵のお子さんは、
「対照的な内容をセットで捉える」力が鍛えられていません。

この力を鍛えるためには、
まず単語レベルで「昼と夜」「暑いと寒い」など、
対照的な言葉をセットで捉える練習から始めましょう。

そこから徐々に、単語から文章に、
「比べる範囲」を大きくしていけば良いのです。

【ルール3】因果関係

読解力の仕上げとなるのが、「因果関係を掴む力」です。

  • 「雨が降ってきた。だから傘をさした」

↑は因果関係でつながっていますが、

  • 「雨が降ってきた。だから財布がすっからかんになった」

↑はつながっていません。

しかしこの二文の間に、

  • 「コンビニ傘を買うために小遣いのあまりを全部使い果たした」

という文を挟めば、繋がります。

このように、「因果関係でつながった文章を書けるかどうか」
という力は、国語の記述問題で大きなチェックポイントになります。

また、自分で書けるようになれば、
人が書いた文章もわかるようになります。

この力がつけば、たとえば

  • 「傍線部とありますが、それはなぜですか。説明しなさい」

といった問題は、簡単に解けるようになります。

まずは、「傘と雨」などの二つのキーワードを与えて、
「だから」で結ばれた二つの文章を作らせる訓練から始めましょう。

 

今日は「読解力を伸ばす三つのルール」について話しました。

ぜひ参考にしてください。

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2021年3月11日

参考・引用

『マンガ セキララ中学受験 経験者だから描けた、ホントの中学受験&中高一貫校ライフ!』今日マチ子, 2009

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です