【中学受験】社会の苦手克服は、親も一緒に勉強するのがおすすめです。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

うちの子、一人で黙々と社会の暗記をしているっぽいけど、
中々成績が上がらない…。

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 社会の苦手克服は、親も一緒に勉強するのがおすすめ

 

 

という話をしています。

是非ご覧ください。

 

親と一緒の勉強がおすすめ。

 

社会が苦手で困っているというご家庭は、
親もその勉強に参加して、一緒に学んでいく姿勢を取ることがおすすめです。

 

少し時間がかかるかもしれませんが、
それが弱点克服の一番の近道だと思います。

 

社会ができない原因は…。

社会が苦手な子の、原因は何でしょうか?
大きく分けて、この2つだと感じます。

 

  • 暗記量の多さにビビッて、そもそも無理だと諦めている。
  • 先生の授業が、ちんぷんかんぷん。

 

です。

これは、生徒が悪いわけではなく、
集団塾の授業が原因だと思います。

 

先生が悪いと言うより、システムが悪いのです。

 

集団塾の欠点です。

集団塾の社会の授業は、

  1. 大枠をスピーディに終わらせる。
  2. 細かいところを、詰めていく。

このパターンで進行します。

 

この学習法の特徴は、

メリットは、早く多くを学べるので、
細かいところを詰めていく時間が多く取れるのと、


デメリットで言えば、最初の大枠をしっかり分からないと、後々いくら頑張っても、
全く向上しないことです。

 

たとえ、成績が良い子でも、大枠を一気に理解するのは、
至難の業だと思います。できる子はいるはいますが、ホント凄いと思います。

 

なので、ただただ塾に通っているのみでは、
社会の成績はイマイチだと思います。

 

 

正しい勉強方法を。

なので、最初の大枠を、
なるべく時間をかけず理解して、効率のいい学習法に慣れるために、

「正しい勉強法」を知ることが、大切です。

 

一人一人の勉強の面倒は見れないということもあり、
集団塾ではあまり教える理由がありません。

 

親も一緒に勉強することで、
正しい勉強法を子供に伝えていく必要があります。

 

また、理科と社会は、あとで頑張ればいいという意見はありますが、
意外とそうでもなく、ある程度はちゃんと勉強しないといけません。

正しい勉強法を掴むのは、理社においても大事なのです。

 

【中学受験】理科と社会は後回しにしてもいいの?だめなの?【暗記科目】

 

 

親が気を付けるべきポイントは?

two gray pencils on yellow surface

 

では、親はどういうことに気を付けて、
子供と一緒に勉強すればいいのでしょうか?

 

それは

  1. 優先順位
  2. 教材の使い方

この2点が、ポイントです。

 

この2点を抑えることで、
正しい勉強法を子供に伝えることができます。

 

 

1.優先順位

まずは「優先順位」

 

  • 今すぐ暗記しなければいけないこと。
  • 後々、詰めていく時期に覚えること。

 

この2つをしっかり自分で分かっておく必要があります。

 

例えば、

  • 徳川家光(3代目)
  • 徳川家綱(4代目)

だったら、絶対家光の方が頻出です。

 

あんまり活躍していない徳川さんのことは、
後回しにしても大丈夫です。

 

 

2.教材の使い方

二つ目は、「教材の使い方」です。

よくあるのは、全然覚えていないのに、
問題を解こうとするけど、全く解けず、時間だけが過ぎていく。。というケース。

 

だったら、最初のステップとしては、
問題を見ながら答えをノートに写していくので大丈夫です。

 

それをやって少し慣れておけば、
解答を赤ペンで書いて、赤下敷きで隠して勉強したりと、

色んな工夫ができます。

 

子供の中には、そもそも教科書に線を引くことを知らない子もいます。

親御さんが、蛍光ペンを渡してあげて、
線を引いて目立たせることを教える必要があるかもしれません。

 

 

あくまで「一緒に学ぶ」

また、大事なのは、
あくまで「一緒に学ぶ」ことであり、「指導する」わけではないのです。

ついつい親の方が賢いので、色々と、「ここは違うでしょ」と
注意してしまいがちです。

それだと子供も勉強のモチベーションが下がってしまいます。

 

あくまで「一緒に学ぶ」ことが大事。
子供の隣で「ヘ~、そうなんだ」と理解していきましょう。

意外と知らなかったこともあって、
普通にいい経験になるかもしれません。

 

※家庭教師でも大丈夫。

とはいえ、親が一緒に勉強するのは、
流石に時間が取れないと言う方も、多いと思います。

お仕事や家事などに追われていますしね。

そういう方は、もちろんずっと一緒に勉強しなくても大丈夫です。

 

2週間に1回、子供が苦手な分野を勉強するときに、
勉強法と共に、ちょっと教えてあげるだけでも、全然違います。

 

また、家庭教師を利用するのはお時間が無い方に特におすすめです。
費用はかかってしまいますが、プロの家庭教師は正しい勉強法をしっかり知っているので、安心です。

 

是非、正しい勉強法を身につけて、
膨大な暗記量をマスターしていきましょう。

 

今日は、社会の勉強法について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年1月23日

 

参考・引用

『もう悩まない中学受験 成績アップと合格をかなえるコツとわざ 』,小川大介,2017

Follow me!

【中学受験】社会の苦手克服は、親も一緒に勉強するのがおすすめです。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です