【中学受験】理科と社会は後回しにしてもいいの?だめなの?【暗記科目】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

理科と社会の暗記科目って、後回しにしてもいいの?だめなの…?

と疑問を持たれている方はいませんか?

 

確かに、塾の先生から、

「理科と社会は、6年生の秋から頑張れば間に合いますよ」

と言われている方は多いと思います。

 

とはいえ、もし間に合わなかったらと、
不安になる気持ちも分かります。

 

一体、塾の先生の本心、中学受験の真実は、どこにあるのでしょう。

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 理科と社会は後回しにしてもいいのか悪いのか。

 

 

について話します。

 

是非ご覧ください。

 

理科

解析, 生化学, 生物学者, 生物学, バイオ テクノロジー, 化学, クリニック, 臨床, 機器, 実験

 

まずは理科について話します。

 

一回は覚えましょう。

理科にも、暗記メインのものと、
思考力・計算力メインのもの、二つがあります。

 

やはり、暗記メインのもの、
生物や地学関連の分野は、一回はしっかり覚えた方が良いと考えます。

 

その上の、細かい知識を埋めていくような勉強は、
塾の先生の言う通り、6年生の秋以降でも大丈夫でしょう。

 

とはいえ、教科書の説明にのっている基本事項でさえ覚えていないのであれば、
後回しにすると、そこからの追い上げは正直不可能に近いです。

 

また、暗記メインではない、思考力メインの分野、
物理、化学関連の分野は、

計算系の問題も演習しておき、6年生の夏までには
弱点と言えるところをなくして全てある程度できておくのがおすすめ。

過去問などの応用は、夏以降に演習すれば大丈夫です。

 

いずれにせよ、後々になると基礎的なものを解く時間がなくなってくるので、
早めに基礎を固めることは大事です。

 

追い上げは可能?不可能?

追い上げはどのくらい可能か不可能かは、理科の場合、
子供の理解力や、勉強の集中力、1日の進み具合によってきます。

 

やはり、6年の秋くらいにある程度の学力に達していれば、
そこから追い上げは可能です。

 

もし、現在4教科の中で、突出した得意科目がある子は、
その時点で学習能力が高まっており、自信もあるので、
追い上げがある程度可能な子です。

 

また、理科のみが苦手に感じている子は、
「理科さえクリアできればいける!」と子供自身が感じて頑張れば、
この場合も追い上げが可能です。

 

上記に当てはまらない子は、理科への勉強意識を持つことからスタートするので、
追い上げに時間がかかってしまうのです。

 

 

社会

 

休日, 車, 旅行, ルート, アドベンチャー, スカンジナビア, おもちゃ, ノルウェー, ナビゲーション

 

次に社会についてです。

 

穴があると、不安です。

正直、6年の秋から本格的な暗記を始めるのは、
不安が大きいと思います。

 

6年生の後半になると、
過去問や応用問題の特訓が始まりますので、
社会の暗記に割く時間は、細切れ時間しかなくなってきます

 

基礎的なものを暗記していたらいいのですが、
そうでなく、穴がたくさんあると、追い上げはきついです。

 

入試本番、4教科で勝負するわけですが、
社会で合格ラインからかなり下回っているというケースはあまりなく、
もしそうなると、かなり不利になってしまいます。

 

後回しのこと。先にやること。

とはいえ、後回しにしてもいい分野があります。

それは知識の総ざらいと時事問題です。

 

理科同様、細かい知識の総ざらいは、
6年の秋以降でやっておくべきでしょう。

いくら5年生の時に暗記を頑張っていても、
絶対時間が経つと忘れてしまいます。繰り返すのが大事です。

 

また時事問題は、最新のデータや解釈に基づいて暗記するため、
できるだけ後、つまり6年の秋以降に勉強するのがおすすめです。

 

また、社会にも思考力が問われます。
グラフを読み解いたり地図を読んだりとします。

 

そういった思考力を問うてくる問題は、
予め問題集などでサボらず、コツコツ解いておきましょう。

 

追い上げがけっこうきつい分野です。

 

今日は、理科と社会の追い上げについて話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年1月8日

 

参考文献

東京 プレジデント社『中学受験大百科 2019完全保存版』(2019)

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です