【中学受験】最後に成功する子の特徴は、お母さんが笑顔なことです。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

結局最後の最後で、ちゃんと成績が伸びて、受験を成功させる人の特徴って何?

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 最後に成功する子の特徴は、お母さんが笑顔なこと

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

負担が大きく、厳しくなりがちです。

 

受験勉強は、家庭のサポートが必要なので、
親の負担が大きいのです。

 

また、もし行き過ぎた教育をしている場合も、
外から声をかけにくいのが普通です。

 

いろんな家庭を見ます。

長年家庭教師をしていましたから
様々なご家庭を見てきました。

とあるご家庭で、志望校が御三家を目指していた子。

 

その子のお母さんは、めちゃくちゃ子供に厳しかったです。

お母さんも実はけっこう勉強を教えることができて、聞いてみるとどうやら、
子供の志望校の、卒業生だったのです。

 

そこでお母さんと話をしていたところ、
お母さんもどうやら、子供の時に厳しく育てられたというのです。

よってついつい、自然と子供に厳しく指導しているのです。

 

 

厳しく育てられた親

この方と同じように、
厳しい子育てをしている保護者の方は、
幼少期を厳しい家庭で過ごしたという方が結構多いのです。

 

子育て本とかブログなど、情報をたくさん得られる現在でも、
無駄に厳しい子育てを、ずっとしている方は意外と多いです。

 

 

話をとにかく聞きます。

私はそんな保護者の方にお会いしたときは、
とにかく話を聞くことに徹します。

 

最初の方は中々話してくれませんが、
時間をかけて話していくうちに、ちょっとずつ、お母さんが安心してきます。

 

それと同時に、子供の表情も柔らかくなり、
勉強に安心して取り組みます。

 

 

プレッシャーが伝わります。

教育に厳しくしすぎる保護者の方は、
プレッシャーを常日頃から子供にかけています。

 

大体、不機嫌な表情で、

「これ、何で解けないの?」と叱られ、
「もっと勉強しないとだめ」という不満げな顔を浮かべます。

更には、「昔の私はできたのに」と言ってきます。

 

もちろん、こんな悪い空気の中、
安心して子供が勉強しているわけがないです。

 

 

笑顔が大事です。

low-angle photo of pink and orange balloons

 

私の経験上、最後に伸びる生徒のご家庭には、
「お母さんが笑顔」というのが共通項だと思います。

逆にあまり上手くいかない子のご家庭は、
笑顔がないと思うのです。

 

愛情のかけかた。

笑顔がないご家庭は、確かに、子供のために厳しい指導をするのは分かるのですが、
愛情のかけかたが、よろしくないのです。

 

お母さんがずっと笑顔でいるだけで、
とりあえず親のために勉強しようと、少しは子供もやる気が出ます。

 

笑顔、態度は思ったより重要なのです。

 

簡単ではないです。

もちろん、10歳ちょっとの子供が中学受験の競争に立ち向かうわけですから、
簡単にいくことは少ないでしょう。

 

そんな中、親御さんも、
苦しんだり、泣いたり、イラついたりすると思います。

 

そんなマイナスの気持ちから、
子供によろしくない言葉をかけてしまうのです。

 

 

鏡を見ましょう。

ちょっとでもそうなりそうになったら、
洗面所の鏡を見ましょう。

 

「今けっこう、不満な感情が顔に出てきてるな…」と感じると思います。
そこでストップをかけるのです。

 

今日は、「最後に成功する子の特徴」について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年10月17日

 

参考・引用

『「勉強しなさい!」エスカレートすれば教育虐待』,日経DUAL,2019

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です