【中学受験】ラストスパート、更なるやる気を引き出す3つの言葉とは?

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

秋以降のラストスパート、さらに子供のやる気を引き出していきたい…!

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • ラストスパート、更なるやる気を引き出す3つの言葉

 

を話します。

是非ご覧下さい。

 

3つの言葉は…?

 

秋以降にラストスパートをかけるための、
3つの言葉というのがあります。

 

実はこれ、私が発見したものではなく、
知り合いのコーチングの先生から教えてもらったことなのですが、本日紹介します。

 

この3つです。

3つの言葉は、

  • 「ありがとう」
  • 「うれしかった」
  • 「助かった」

 

のみです。

この3つ、親がしっかり伝えてあげると、
子供は自信が出てきます。

 

役割を認識します。

これらの言葉を子供にかけてあげることで、
「自分は家族の中で、ちゃんとした役割を持っている」と、認識するのです。

 

さらに、そんな言葉をかけてくれる両親に、感謝するようになります。

 

特に大事なのは「ありがとう」です。

ありがとう, ネオン, 広告, 照明, 赤, フォント, おかげで, 文字, グロー, 記号, 壁, 光

 

 

また、この3つの中で特に大事な言葉は、
「ありがとう」です。

 

 

ありがとうが、出てきません。

しかし、最近のご家庭では、
「ありがとう」という言葉が中々でてきていないようです。

 

例えばイライラしているお母さんが「洗濯物とりこんで」と言った時に、
子供の動きが遅いと、「早く!」とつい声を荒げてしまうことがあります。

 

それを聞いた子供が洗濯物を取り込んでも、
お母さんは「ありがとう」と言わないことがあります。

 

6年生のある子は…?

また、当時6年生だったマコトくんは、
お皿洗いをお母さんの代わりにしてあげてました。

 

しかしお母さんは、
「洗い物はいいから早く勉強しなさい!!」と、
言ってしまったのです。

 

「いやいや、それは流石にやりすぎでしょ…」と、
思われるかもしれませんが、入試直前のお母さんは、実際こんな感じです。

 

自信がないと…。

しかし、自信がなくなった子供は、
結局勉強にも集中できません。

 

自信をコツコツためてきた子のみが、

  • 「私はできる」
  • 「俺は解ける」
  • 「絶対合格する」

と、良いメンタルで本番に臨めるのです。

 

なのでぜひ、3つの言葉
特に「ありがとう」を伝えてあげてください。

 

お手伝いがおすすめです。

親が「ありがとう」を言うには、
子供に家事の手伝いをさせてあげるのがおすすめです。

 

例えば上記しましたが、
お皿を洗うのを頼むのです。

 

とはいえ、やらせてみても、
親が3分で終わるものを、子供は15分以上かかります。

 

時間がある子共はいいのですが、
6年生にもなると、時間がかかりすぎると少し困るかも…。

 

そんな場合は、「自分の分の洗濯物をたたむ」など、
色々工夫して、お手伝いをさせてみてください。

 

 

今日は「子供のやる気をあげる3つの言葉」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年10月4日

 

参考・引用

『最強の中学受験』,安浪京子,2018

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です