【中学受験】夏休みに勉強の「休憩」は、必要?不要?【小6】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの子、小6なんだけど、夏休みは勉強漬けでいったほうがいい?それともある程度休憩しながらの方が良い…?

とお悩みの方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 夏休みに勉強の「休憩」は必要か、不要か。

について話します。

是非ご覧ください。

 

理想は、「勉強漬け」。しかし…

shallow focus photography of white ceramic mug beside two baked cookies on brown wooden board

 

この時期になるとよく聞かれます。
「夏休み、息抜きはどのくらい必要ですか?」と。

ずっと勉強では、きっと苦しいし、
とはいえ、小6の夏休みは、受験の天王山と言われているし…

と中々判断が難しいところだと思います。

 

「勉強漬け」が理想ですが…

もちろん、小学6年生は、
この夏休み、「勉強漬け」が理想です。

 

もちろん、勉強の「質」は大事です。
それをふまえても、ずっと勉強していれば、「天王山をやりきった!」
という、達成感が生まれます。

 

しかし、毎年40日ほどある夏休みをノンストップで走るのは、
勉強が既に好きである子にとっても、難しい事です。

 

よほど高いやる気を持っていても、
疲労は絶対、出てきます。

 

息抜きしましょう。

では、どう夏休みを過ごせばいいのでしょうか。
それは、子供に余裕を作って、全体の効率をアップすること。

つまり、しっかり息抜きすることです。

勉強のみではなく、仕事でも同じですね。

 

たとえば、腹ペコな時に、一気にお腹いっぱい食べてしまうと、
後々お腹を壊してしまいます。

運動にとっても毎日筋トレをするよりも、
二日に一度など、時間を空けた方が、効果的と言われています。

 

「密度」、大事です。

毎日コツコツ勉強することは、もちろんめちゃくちゃ重要なのは、
それ以上に大事なのは、勉強の、「密度」です。

 

勉強に疲れてきたら、無理をするのではなく、
学習の密度を上げるために、息抜きをする必要があります。

 

  • 友だちと遊ばせる。
  • 外食をする。
  • 海に行く。

などなど、
息抜きを入れると、その後勉強に集中できるようになります。

 

「息抜き」、注意もあります。

 

とはいえ、この「息抜き」にも、注意が必要です。
それは、お盆休みなどで、泊まりの旅行をすること。

 

泊ると、遅れます。。

泊りの旅があると
ほとんどの子
はその分勉強ペースが遅れます。

そして、そのペースを回復するには、
5日以上は、かかります。

 

さらに、お盆が終わると、中々集中モードになれない…

そんな状況に陥りがちです。

 

覚悟を持ちましょう。

1泊以上になる息抜きを入れる場合は、
あらかじめ、勉強ペースに支障が出ると覚悟を持っておきましょう。

 

そして、9月になったら、

「あの時休んでおいて良かったね」
ではなく、

「ずっと勉強できつかったけど、走り切れて偉い」
と頑張りを認めましょう。

 

ここで努力を認めてあげることが、
9月以降のラストスパートを支えることになります。

 

なんだかんだ言って、
夏から冬にかけて、ペースが遅れる時期があります。

そこに陥ってから、ペースを取り戻す技術も、中学受験には大切。
あらゆる状況が、その時必要な力を鍛える場だと思ってください。

 

今日は「息抜き」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日 2020年7月19日
最終更新日 2020年8月8日

 

参考・引用

『中学受験6年生の親がすべきこと』,安浪京子,2018

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です