【中学受験】「すぐやる人」が最強である、3つの理由について話します。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

勉強ができるようになる子・できない子、色々特徴はあるけれど、、
結局は一番のところ、何の要素が大事なの…?

と疑問を持たれている方はいませんか?

本記事ではプロ家庭教師Edenの居村が、

  • 結局、「すぐやる人」が一番伸びる。

ことについて話します。

是非ごらんください。

「すぐやる人」が一番です。

man on running field

これは正直、当たり前の話ですが、
「すぐやる人」が最も成績が伸びるんですよね。

「すぐやる」とは?

「すぐやる」とはどういうことでしょうか?

それは、

他人から言われた勉強法・アドバイスを、言われた直後から実践すること

です。

しかしほとんどの人が、すぐやりません。

と、いうことで今回は、
「すぐやっている」人が伸びる、3つの理由について話します。

3つのポイント

beige wooden hand sculpture with orange background

3つのポイントは、こちらです。

  1. 誰もやらないから
  2. たくさん失敗できるから
  3. 行動力が付くから

①誰もやらないから

今、この記事を見ている方に質問です。

このブログの記事や、他の教育本などを見て、
それらを元に何か実践しましたか?

多分、「はい!実践しました!」
と即答できる方は、少ないのではないでしょうか。

深層意識で「現状維持」を人間は望んでおり、
現実を変えたくないという気持ちが心のどこかに存在します。

しかし、誰も実践しないからこそ、
言われたことを実践することが、周りと差が付くポイントなのです。

②たくさん失敗できるから

若いうちにたくさん失敗することは、
沢山学べることを意味します。

これは、保護者の皆さんならよく分かっているはず。

たくさん実践すれば、
もちろん、自分に合わない情報も実践することになるので、
失敗もたくさんするはず。

人間は失敗しないと、学ぼうとしません。
なので、すぐやって、失敗する方が成長するのです。

③行動力が付くから

受験では役立たないかもしれませんが、
行動力は現代社会において、必須のスキルです。

例えば会社で。

上司が部下に、
「この資料、来週までにつくってきて」
と言ったとします。

行動力がある社員は、その資料をとにかく早く終わらせます。
そして、3割くらいでいいので、翌日上司に一度見せます。

そこで上司のアドバイスを早めに貰って、
来週までに完璧な資料を作れます。

しかし、行動力がない人は、
残り2日から資料を作り始めます。

もちろん行動力のある前者が、評価されますね。

「すぐやる」能力はそのまま社会に出てからも役立ちます。

今日は「すぐやる人」について話しました。

是非参考にしてください。

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年7月18日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です