【中学受験】帰国子女受験は、情報と良い先生を手に入れることが最重要です。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

帰国子女受験をしようかな…

と思っている方はいませんか?

帰国子女受験は普通の中学受験と比べ、
かなり複雑です。

そんな帰国子女受験で大事なのは

  • 情報
  • 良い先生

です。

そこで今回は中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 帰国子女受験では情報と良い先生が大事な理由

について話します。

 

帰国子女受験は、情報戦。

 

まずは「情報」について。

帰国子女受験は、情報戦だと思っています。

 

  • 学校説明会に行く
  • 文化祭で先生の話を聞く

などをして、学校の情報をゲットするのは、かなり大事です。

 

帰国生枠は、様々です。

帰国生枠の扱いは学校によって全く違います。

 

算数と国語は一般試験に比べて簡単で、
その代わり英語の試験があったり、

また、英語の試験のみ、というところもあります。

英検3級レベルで対応できるあれば、
めちゃくちゃ高いレベルを要求する学校もあります。

 

たとえば神奈川県のT中。
ネットに載っている帰国生枠の条件は、
「海外に1年以上行っていて、5年前までに帰国した者」
となっています。

しかし実際、
英検2級を取得していれば、帰国生枠として認められたケースを知っています。

 

また、男子進学校のS中。
ここでは、海外滞在期間がなしでも、受験がOKされています。

ただし、レベルは、英検準1級レベルです。

 

帰国生枠がある学校は、ネットで「帰国生 中学校」と検索すればすぐ分かります。
しかし、帰国生の基準は学校によって違います。

 

厳しいところでは、帰国1年以内を帰国生と認める学校がある一方で、
海外に行っていなくても英検2級以上があれば、帰国生枠で受験できる学校もあります。

 

こんな現実がありますので、
帰国生受験は、情報戦です。

 

学校説明会に行けないこの時期では、
志望校候補の中学に電話で連絡し、資料をもらうのも全然アリです。

親切なところでは、
去年の過去問をくれるところもあります。

 

良い先生を、つけましょう。

person standing near the stairs

 

次に、「良い先生」について。

上記した様に、帰国生枠だけで受験する場合は、
情報が合否を分けます。

つまり、情報をたくさん持っている良い先生に出会えれば、
かなり有利だということ。

 

相談を、しましょう。

お子様の塾に、帰国子女の情報を持っている先生がいれば、
相談をどんどんして対策を立てましょう。

 

しかし正直情報不足の塾も、多いです。
そんな時は、家庭教師の先生に相談するのもおすすめです。

 

ちなみに我々家庭教師Edenでは、
イギリスの中学受験塾IMRと連携しているので、
帰国子女受験に強いです。

 

何かご相談あれば、こちらのLINEの友だち追加から、
無料相談をお頼みください。

 

聞いてみてください。

また、体験授業の際に、

「ここの学校を考えていますが、対応してくれますか」
「分かりました」

そんな会話のみで終わらずに、


「どのような対応をしていただけますか?」
と少し深く聞くのがおすすめ。

 

「問題のレベルとしてはこれくらいですから、
算数については、この問題集を2周したいですね」

 

「英語については、英検準1級のレベル。
見たところ、英語は大丈夫そうだから、一応、この問題集を解いておこう」

 

などと具体的な対策がでてきたら、
その先生は「当たり」です。

 

具体的に言えるのは、その先生が問題の傾向を掴んでいるうえに、
帰国子女受験に慣れているからです。

 

もし先生が「当たり」でないなら、
別の先生の体験授業を受けましょう。

 

 

今回は「帰国子女受験で大事なこと」について話しました。

 

是非参考にしてください!

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年6月22日

参考・引用
2018『共働きだからできる中学受験必勝法』西村則康

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です