【中学受験】ご褒美を使って勉強させる「いい例」&「悪い例」を話します。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供を勉強させる際に、ご褒美をどうあげたらいい?あげても大丈夫?

とお困りのかたはいませんか?

 

ご褒美をあげる人、あげない人、両方いますし、
あげるにしても、どうあげたらいいのか分からない

そんなご相談は、よく来ます。

 

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 子供を勉強させたいときに使う「ご褒美」

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

ご褒美は、OKです。

 

結論から言いますと

 

  • 勉強にご褒美は設定して大丈夫

 

です。

 

自然と勉強にやる気が出ます。

なぜでしょうか?

 

おそらく、ご褒美に反対派の方は、

「ご褒美をあげていると、あげなくなった時に勉強しなくなるのではないか」

という意見を持っているでしょう。

 

しかし大丈夫です。

 

一度、ご褒美を使ってでも子供が本格的に勉強をやり始めると、
子供は自然と勉強へのやる気が出てきます。

 

ご褒美をなくしたり、減らしたりすると、子供は少し悲しむかもしれませんが、
中学受験をほったらかすほどのことは起きません。

 

 

行動→やる気です。

やはり人間とは、

面倒くさい事でも、
一度行動するとやる気が出る生き物です。

 

お皿を洗うのが面倒くさくても、
一度流し場に向かえば、嫌な気持ちがなくなりますよね。

また、仕事のメールの返信が面倒でも、
パソコンに向かえばその気持ちは薄まりますよね。

 

 

なので一度、勉強を本格的にやらせるためにも、
ご褒美を使うのは有効です。

 

とはいえ、
ご褒美の「出し方」には、少し注意が必要です。

 

 

ご褒美の出し方

 

ご褒美の出し方には、
注意が必要です。

 

  • 「ここぞ」の時に使う
  • 事前にご褒美を準備して、ダメなら没収

 

上記の2つが、押さえておきたいポイントです。

 

「ここぞ」の時に使う。

そもそも人のモチベーションは、
大きく分けて二つあります。

 

  1. 外的報酬
  2. 内発的動機付け

 

です。

 

外的報酬とは、
他の人からの誉め言葉や、それこそご褒美もそうです。

 

内発的動機付けとは、
「楽しい」「悔しい」など、気持ちからくるモチベーションのこと。

 

この2つ、それぞれ特徴があります。

 

外的報酬の特徴は、
即効性があることです。短期的な取り組みに向いていることです。

一方、内発的動機付けは、
長い時間をかけてつくられて、長期的な取り組みに向いていることです。

 

つまり、

外的報酬であるご褒美は、
短期的な特効薬としておすすめなのです。

 

短期的な特効薬は、テスト前の追い込みなどの、
「ここぞ」の時に使いたいですよね。

 

悪い例→「志望校に合格したら、ゲームを買ってもらう」
→長期的な取り組みなので、ご褒美が効かない。

いい例→「この1時間でここまで進んだら、アイスを買ってあげる」
→短期的だと、効果が出る。

 

上記の例を見ると分かりやすいです。

 

事前にご褒美用意して、ダメなら没収。

そして、事前にご褒美を用意して、ダメなら没収というのも、
一つの工夫です。

 

なぜか?

人は得る喜びより、失う恐怖の方が大きいのです。

 

例を挙げると分かりやすいです。

 

悪い例→「この1時間集中できたら、アイスを買いに行こう
→これでもいいけど、諦めやすい。

いい例→さっきアイスを買っておいたけど、1時間集中できなかったら、お父さんにあげるよ」
すでにあるのを失うのが嫌だから、集中して頑張れる。

 

なので、後から没収できない類のご褒美

  • ○○したら、スマホでゲームしていい
  • ○○したら、マンガ読んでいい

は、おすすめしません。

 

今回は、ご褒美を使った教育方法を紹介しました。

ご褒美をうまくつかって、
子供に勉強してもらいましょう!

 

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年5月24日

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です