【中学受験】成績が上がらない人の口癖は、「忙しい」です。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供が毎日の勉強に集中できていないし、時間を無駄に過ごしている…

とお困りの方はいませんか?

成績が上がる人・上がらない人、それぞれいますが、
成績が上がらない人には、ある共通した「口ぐせ」があることが分かりました。

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

  • 成績が上がらない人の「口癖」

について話します。

それは、「忙しい」です。

受験勉強だけでなく、受験後の学校生活を充実させていくために、
絶対に口にしてはいけない言葉、

かつ、成績の上がらない人が言っている口癖。

それは、

  • 忙しい

です。

「時間がない」も一緒です。

  • 自分の子供が「忙しい」とよく言っている方
  • 自分自身が「忙しい」が口癖になっている方

は、ギクッとしたかもしれません。

でも大丈夫です。
今から言うのをやめればいいだけです。

実験結果があります。

実験結果としてもあります。

ポーランドのワルシャワ大学が、
3か月間、被験者に実施した研究によると、

「忙しい」と言った生徒の成績は、言わなかった生徒い比べて、
かなり低かったそうです。

なぜでしょう?

「忙しい」と言うたびに、その人の意識は未来や過去に向かいます。

  • 明日から授業が長くなって忙しいなぁ
  • 今日は色々あって忙しかったなぁ

など、「忙しい」の言葉自体が、
現在ではなく、過去と未来を示すケースが多いですよね。

そうすると、現在やるべきこと(つまり勉強)に、
全然集中できなくなる、ということです。

そう考えると、
勉強だけでなく、全ての事がはかどりませんよね。。

「忙しい」をなくしましょう。

なので、

「忙しい」の口癖を、なくすことが望ましいです。

とはいえ「忙しい」が口癖になっている方は、
言わなくするのは難しいです。

言っちゃだめなのは分かっているけど、
言ってしまうのです。

別の言葉に変えましょう。

そんな方は、

「忙しい」を別の言葉に変えましょう。

「忙しい」を、

  • 伸びしろがある!
  • 成長するチャンス!

など、なるべくポジティブな言葉に変換します。

言葉と言うのは知らず知らずの内に人間を作っていきます。
たかが口癖と思われるかもしれませんが、周りの方をイメージしてみてください。

成績のいい人、仕事の出来る人ほど、
ネガティブイメージを持つ言葉を発していないはずです。

是非「忙しい」の言葉を捨てて、
現在の勉強に集中していきましょう。

是非参考にしてください!

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年5月23日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です