【中学受験】「分かる」「できる」「解ける」が算数で得点するための3ステップです。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

中学受験の算数で、家にいる時は解けるのに、テスト本番とかになると得点できない…

とお困りの方はいませんか?

 

そんな方には、
中学受験の算数で得点できるようになる「3ステップ」を確認することをおすすめします。

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 算数で得点するための3ステップ

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

3ステップはこちらです。

 

3ステップはこちらです。

  • 分かる
  • できる
  • 解ける

 

この3つです。

順番に説明していきますね。

 

①「分かる」

 

まず最初のステップ。「分かる」です。

この段階は比較的簡単に到達します。

 

分かるとは?

「分かる」とは、どのような段階のことでしょうか?

それは

  • 解説を読んで分かった
  • 先生の話を聞いて分かった

 

の段階です。

 

例えばこの問題

例えばこの問題。

1個30円のあめと40円のあめを合わせて10個買いました。すると代金は360円でした。30円のあめを何個買ったでしょうか?

 

つるかめ算の問題ですね。

答えは4個ですが、

「分かる」段階に行った人は、

「もし40個のあめを10個かったら400円ですよね。でもホントは360円で40円の差があります。あめの差額は10円なので、40÷10=4、と、30円のあめを4個買ったことが分かります」

 

などと、
実際に説明を聞くなり解説を読むなりしたら、理解できるレベルです。

 

ここで止まる人が多いです。

 

正直、ここで止まる生徒さんが多いです。

でもこの段階では得点は伸びていきません。

  • 練習の時はできたのに…
  • テストになると点が取れない…

こんなことでお悩みの方は、
「分かる」で止まっていて、

その先の「できる」「解ける」に到達していないのだと思います。

 

②「できる」

 

次は「できる」です。

この段階に行くのも、わりかし簡単です。

 

「できる」とは?

「できる」とは、どういうことでしょうか?

それは

  • 分かった問題と同じ分野の例題を自力で解ける。
  • 「分かる」になってから数日後に同じ問題を解いても自力で解ける。

段階の事です。

 

さっきのつるかめ算を、誰の力を借りずに、正解までたどり着けること。

 

はじめてこの段階に到達して、
「できる」と言えます。

 

 

得点にはならない…?

とはいえ、
この段階に行っている人も、実際に本番、得点できるとは限りません。

この段階にいることで油断する方、一番多いです。

「できる」の先には「解ける」があり、
そこに行って初めて、本物の実力です。

 

③「解ける」

 

最後にこれ。「解ける」です。

ここまで行ったら、本番でも得点できることです。

 

「解ける」とは?

「解ける」とはどのような段階でしょうか?

 

  • 分かっていて、できた問題を、自力で「制限時間内」に解ける

 

ことです。

 

さっきのつるかめ算で言うと、

「もし40個のあめを10個かったら400円だ。でもホントは360円で40円の差があって、あめの差額は10円なので、40÷10=4、で30円のあめを4個買ったことが分かる!」

この思考を、一定時間内で行えることです。

 

この、一定時間内というのがミソです。

 

「できる」問題のなかにも1時間も2時間も考えて答えにたどり着いたとしても、
それは「解ける」問題とは言えません。

数学者ならそれで大丈夫かもしれませんが、
受験は時間内に一定以上の点を取るという厳格なルールがあります。

 

時間を計りましょう。

「できる」から、「解ける」に行くためには、

時間を計って勉強する。そしてそれをひたすら繰り返す。

のがベストです。

ある程度のプレッシャー下に置かれて初めて
人間は本気を出せます。

 

今回は算数が得点できるようになる3ステップを紹介しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年5月16日

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です