【中学受験】帰国子女生が、日本の算数に対応するコツは?【イギリス】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

「イギリスに住んでいるが、
日本の帰国子女受験をされる方」

はいらっしゃいますか?

帰国子女受験をされる方は、
独特な入試システムに、てこずると思います。

その中でも注意しておきたい科目は、
「算数」
です。

算数は日本とイギリスで考え方やシステムが、
大きく違います。

そこで今回はプロ家庭教師Edenの居村が、

  • 日本とイギリスの算数の違い。
  • 帰国子女が、中学受験に向け、日本式算数に慣れる方法

について、話します。

イギリス現地校のIMR-Educationと提携を結んでいるEdenだからこそ、
発信できる内容ですので、ぜひご覧ください♫

日本とイギリスの算数の違い

ロンドン, イングランド, イギリス, テムズ川, 川, 水, ランドマーク, 歴史, アトラクション, 観光

日本とイギリスでは、
算数が違います。

帰国子女受験をされるイギリス在住の方は、
日本の算数に慣れる必要がありますね。

なのでまず、
両者の算数の違いについて、話します。

2点あります。

イギリスと日本の算数の違いは、
2点あります。

  1. 電卓を使う・使わない
  2. ボールペンを使う・鉛筆を使う

の2点です。

順番に説明していきますね♫

①電卓を使う・使わない

まず、電卓についてです。

イギリスでは、電卓(calculator)を使えます。
高学年になると、難しい計算は、電卓に任せることが、多いです。

一方日本では、電卓は一切使えません。

②ボールペンを使う・鉛筆を使う

そしてもう一つ大きな違いが、
ボールペンを使うか、鉛筆を使うか
ということです。

イギリスでは、高学年になると、
鉛筆ではなくボールペンで答えを書き込みます。

それも、日本的に板書を書き写すというより、
プリントをノートに張り付けるスタイルが多いような気がします。
(まあでもこれは、学校によります)

ボールペンを使うと、間違えたところが消せないため、
一見すると、復習に役立ちそうです。

実際に、
イギリスの現地校で学び続けるなら、
このスタイルは、問題なしです。
なぜなら、前述したように、電卓を使うので、途中式や筆算を書く必要がないからです。

一方、日本の算数はどうでしょう。

日本は全て鉛筆で書きます。
電卓を使えないので、難しい計算の途中式も、書きます。
ノートには計算式で、溢れかえります。

鉛筆で書くなら、消しゴムで消して整理することができますが、
ボールペンを使うと、どうしても消した部分がぐちゃぐちゃになってしまいます。

そうしていくと、どうなるか。

最後にはノートに何が書いてあるかわからなくなってしまい、

  • 計算ミス
  • 解き直しの困難

などにつながります。

中学受験に向け、日本の算数に慣れるには?

では、
イギリス在住の帰国子女受験生が、
日本の算数に慣れるには、どうすればいいでしょうか?

  1. 途中式を大事にする。
  2. ノートにたくさん書く。

この2点です。

この2点を、イギリスに住んでいる間も、
意識していただくと、いいでしょう。

順番に話しますね。

①途中式を、大事にする。

まずこれ、

途中式を大事にすること。

思考を辿るための、途中式の大切さ
は、しっかりと理解しておきたいところ。

途中式をしっかりと書く癖がみについていないと、
日本の算数を解くとき、ただぐちゃぐちゃに書き込んで、
見直しをしにくく、

  • テストで時間切れ。。
  • 致命的なダメージに。。

なんてことが、よくあります。

計算ミスが多い生徒は
普通受験生であれ、帰国子女受験生であれ、
難関校に合格はできません。

なので、

途中式を

  • 分かりやすく
  • 丁寧に

書くことは、ぜひ意識しておきたいですね♪

②ノートにたくさん書く。

次にこれ、

ノートにたくさん書くこと。

たくさんって、何?

書くべきことはこちらです。

  • 日付
  • どのページの何番の問題

です。

帰国子女性は、前述したように、
途中式、自分がどう思考してきたか。
を、残す癖がないのです。

なのでノートにも、

日付、どのページの何番の問題を解いたかを書く。

ことをおすすめします。

「ただの自由帳や裏紙でもいいじゃないか」

と、思われる方もいるかも知れません。

しかし、
見直しをする前提で計算をするのなら、
そういった自由帳にも、
しっかり、いつやったどこの問題なのかを、
明記する必要があります。

私どもプロ家庭教師Eden、
並びにIMR Educationでは、

上記のような問題点を解決するため、
帰国子女性の算数の授業では

徹底して

  • 鉛筆で書き
  • 途中式を残す

ことを、指導しています。

その結果、生徒自身が

自分のノートを見直すことが出来るようになり、
時間内にしっかり点数を取る

こういう姿勢が、
身に着くのです。

プロ家庭教師Eden、IMR Educationでは、

『現地校の算数だけで、日本の中学受験はいけるの?』
『補習校は国語だけなので、チャレンジなどで日本式の算数は学習しているが、なんか不安…』

などなど、
お子さまに関するどんなお悩みでも、
解決の糸口を見つけるべくアドバイスを致します。

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年2月25日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です