【中学受験】コロナ休校中、暇すぎてやる気が出ない子に持たせるべきものとは…?

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

子供が、時間がありすぎてやる気を出していない…

とお困りの方はいませんか?

「不要不急の外出を控える」

世間はこれを合言葉にしていますから、
塾もどんどん休業。
学校もどんどん延期。

一方、使える時間は急増です。

でもそんな時って、
意外と子供たちの勉強モチベが低かったりします。

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

  • コロナ休校中、暇すぎてやる気が出ない子供に火をつける方法

を話します。

※3分で読めます。

キーワードは、「危機感」

暇すぎてやる気が出ない時、
やる気を出す方法。

それは、簡単なことです。

  • 危機感を持つこと。

これです。

時間は大量にゲットしたが…

コロナのおかげと言うか、せいと言うか、
子供達は、「自由な時間」を手に入れました。
(家の中のみで)

でもコロナ休校期間、暇になりすぎて、

「まぁ、まだいいかなー」

なんて言ってたら、勉強のやる気が起きなくなってしまった!!

このケースはよくありますよね。
家にいすぎると、心が病んでいく感じは大人でもありますし。。

  • 時間は増え、やる気が減る。

まるで逆比例のようです。

「ヤバい!」と言える危機感を!!

この状態から脱するには、

  • 危機感

しかありません。

集中力とやる気を一気に引き出すには、
これを出すしかないのです。

危機感がある時は…

「危機感がある時」
について、よーく考えてください。

  • 8月31日。夏休みの宿題が全然終わっていない時。
  • 定期テストの前日の夜。さぼって勉強していなかった時。
  • テスト中。残り時間が迫っているのに全然解けていない時。

こういう時って、

  • 「やる気出さなきゃ!」
  • 「集中しなきゃ!」

そういうの、考えられない程、頭の中で、

「ヤバいヤバいヤバい!!!」

ってなりますよね。

今現在も、そうです。

思えば今現在、
コロナウイルスに襲われている世界も、

「危機感」

に溢れていますよね。

  • 未知のウイルスが中国から来た…!
  • どうやら致死率が高いらしい…!
  • これから経済もやばい…!

こんな状況。

危機感があふれているから、
自宅待機の注意喚起が毎日のように聞こえますし、
SNSでも確かでない情報が流れたりしちゃっています。

危機感がある時は、
「やる気」とか考える間もなく、皆、動き出しています。

特に研究員の方なんかは、
ウイルスの研究やワクチンの開発にずっと挑まれているでしょう。

彼らはきっと、

「やる気を出そう」

と思う暇もなく、
ただひたすらに研究なさっていると思います。

危機感を出す、2つの方法。

危機感を無理やり引っ張りだす
2つの方法を紹介します。

それは、

  1. 友だちを作る。
  2. 期限を決める。

この2つ。

順番に説明しますね。

①友達を作る。

まず、

「自分が勉強サボってて、
こいつにサボってるの馬鹿にされたらムカつく」

そういう友達を見つけましょう。

同年代の人でなくても構いません。

  • 先生
  • 兄弟

などでもOK。

もしくは、
SNSで受験アカウントを持っている場合、
そこでのフォロワーでも大丈夫です。

②期限を決める。

次に、その決めた相手に、

  • 期限

を伝えましょう。

「○○日までにこの問題集を終わらせる」

と、なるべく具体的にです。

この2手順だけです。

  • バカにされたらムカつく。
  • なめられたくない。

そういう気持ちが大事です。

ちなみに現在Edenでは、
オンライン授業で宿題を出しており、
無料LINEサービスで学習管理をしているので、
常に「危機感」を持たせることができています。

休校明けの自分はどっちか。

果たして、休校明けに、

「この休みで何が成長できたんだろ…」
となるのか、

「この休みで変われた」
と思えるのか…。

どちらになるでしょうか。
この春の休みが、今年の合否を分けると私は思っています。

是非参考にしてください。

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年4月3日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です