【中学受験】公立中高一貫校とは?プロ家庭教師が解説してみた。【簡単にわかる】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の中で、

  • 「公立の中高一貫校っていうのがあるけど、実際どういうところ?」

とお困りの方はいませんか?

普通の私立の中高一貫校と、公立の中高一貫校は、

少し違います。

そこで本記事ではプロ家庭教師Edenの居村が、

  • 公立中高一貫校とは何?

 

という疑問に、お答えしていきます。

是非ご覧ください。

※3分で読めます。

 

 

公立中高一貫校の、大きな違い。

1 U.S. dollar banknote on white surface

 

そもそも、
「公立中高一貫校」は、1998年の学校教育法の改正を受け、99年に設置が始まりました。

当初は3校からのスタートでしたが、
徐々に増え、現在ではなんと全国に329校のも学校が設置されています(平成30年)。

この、公立中高一貫校は、私立の中高一貫校に比べ、
色々と仕組みが違います。

 

値段が違います。

大きな特徴の一つとして、

  • 経済的な負担が少ない。

 

ことが挙げられます。

  • 授業料が原則無料で、
  • 1年間の学校教育費の平均が10~20万円

と、かなり家計に優しいです。

 

教育目標、違います。

また、一番の特徴は、
教育目標の違いです。

 

  • 私立の中高一貫校→「独自の生徒像」を目指す。
  • 公立中高一貫校→「社会へ貢献できる人材」を目指す。

 

という違いがあります。

この違いが起こるわけは、
「誰が学費を払っているか?」

にありますね。

 

私立の中高一貫校は、
生徒からの授業料を元にしているので、独自の校風を作っていますが、

公立の中高一貫校は、
税金で運営されているので、お返しとして、社会に貢献するための人材育成が目標となっています。

 

そのためか、公立の中高一貫校は、
学受験に必要な一部の教科をガッツリやるのではなく、

すべての教科をバランスよく学習するカリキュラムが、組まれています。
私立大を目指すより、国立大向けってことですね♪

 

 

入試の特徴。

Write Ideas book on brown wooden board

 

公立中高一貫校は、
入試にも特徴があります。

 

考える力を求めている。

 

主な公立中高一貫校は、

 

  • 小学校で作成される報告書
  • 適性検査
  • 作文
  • 2次試験として、面接など

 

があり、総合的に判断されます。

学校によって課される内容は違いますが、
だいたいこんな感じですね。

私立の試験より、
「何か自分で考えて解答する」
というプロセスのものが多いのが、印象です♪

 

適性検査って?

「適性検査」は、普通の私立中高一貫校みたいな、

教科の知識や学力を問う、一問一答の試験とは違って、

  • 自分の体験や、
  • 日常的な常識、
  • 複数の教科の知識

 

などを活用して
解答を求める問題です。

記述式が多いのも、特徴です。

 

例えば、かんたんなもので言えば、

「走っているバスが急停止したら、人はどっちの方向に体が揺れますか?」

というようなもの。

難しいものでは、
様々なグラフやデータから、「世界の水資源がどのように移動しているか」
そんなものも、ありました。

 

つまり、子どもの

  • 「考える力」
  • 「課題解 決能力」、
  • 「表現力」

 

が試されます。

まあでもぶっちゃけ、
適性検査は各校によって、

  • 出題
  • 評価

はかなり違ってきます。

過去問を買って、志望校の傾向をよく理解したいですね。

オリジナリティが、高い進学率につながる

Several white arrows pointing upwards on a wooden wall

 

公立中高一貫校は、

オリジナリティのある教育活動が行われており、
それが功を奏して、高い大学進学率に繋がっています。

 

特定が設けられています。

というのも、公立中高一貫校は、
特例が設けられています。

どんな特例かというと、

学習指導要領の範囲を超えた指導ができるというもの。

つまり、

  • 「色々自由に授業していいよ!」

 

というものです。

具体的には

  • 中学と高校で授業内容を入れ替える。
  • 新しい科目を設置する。

などです。

 

授業面では、
文科省が設定してい
る、公立校の標準的な授業時間数と比べ、
主要5教科(英数国理社)で、より多くの時間数を確保しています。

さらには

  • 補習
  • 土曜講座
  • 習熟度別授業

などの、学力アップのサポートが多く、

また、

  • 課外授業
  • フィールドワーク

など、
体験的なカリキュラムもたっぷりあるところが多いです。

そして、

このような特色ある取り組みの成果として、

高い大学進学率の学校が、多いです。

 

倍率も、高い。

  • 学費安い。
  • 大学進学率高い。

などの特徴から、

倍率はめちゃくちゃ高いです。

 

入学倍率は、
平均で 6~8倍、
さらに高い学校では10倍近くにのぼることもあります。

 

都道府県で入試日が定められているため、
公立中高一貫校同士の併願はできませんが、


近年は私立の中高一貫校でも、

公立一貫校の適性検査の傾向を踏まえた入試問題で
選抜を行う学校も増えてきています。

つまり、

  • 私立の公立の併願も行ける!

 

ということ。

 

ぜひ、志望校の候補にに中高一貫校を考えてみてください!

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年3月5日

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です